にーとの効率化

ずっと夏休み

自由な時間を得るために効率化する

麻雀業界の人のブログなんだけど、今年一番面白かった記事かもしれない

 

fukuchi.cocolog-nifty.com

 

一部引用

 

現代社会はエンタメが多すぎるわ。
時間の方が圧倒的に足りない。

うちのかみさんはずっとドラマを観てる。
外国中心で、いくら観ても尽きることはないらしい。

「趣味は多い方が人生は楽しい」は20世紀までの常識で、今は「若いうちから多趣味になったら負け」って時代なんじゃ?(;^ω^)

 

引用終わり 

 

自分は漠然と趣味は多いほうがいいんじゃないかと思ってたんだけど、エンタメが多すぎるから時間が足りないってのは確かになと思った。

 

福地さんは、エンタメをすべて楽しむのは時間が足りないから、趣味を厳選したほうがいいんじゃという意見だったけど、自分は趣味だけじゃなくて、行動も厳選していったほうがいいように思う

 

という記事

 

目次

 

行動を厳選するとは?

 

簡潔に言うと、「なんとなくやっている行動に疑問を持つ」ということ

 

例えば、筋トレ。なんとなく筋肉ついたほうがいいような気がするし、体力もあったほうがいいよなあと漠然と思って始めた筋トレだけど、本当にそれは有限な人生の一部を消費してまでやることだろうか

 

例えば、買い物。

スーパーをはしごしたり、チラシをチェックしたり、週に何回もちょくちょく買い物をする行為。

数十円、数百円の節約になるかもしれないけど、それより買うものを厳選してネットで頼めるものはネットにしたほうがいいんじゃないか

そして買い物は週1とかでまとめて買う

 

例えば料理。

料理好きでもないのに、なんとなくちゃんとした料理を作らなきゃと思って、一日1~2時間くらい料理と洗い物などの時間に充ててないだろうか。

栄養がとれればいいんだから、さっと卵かけご飯を作って、一日一回サプリを飲んだほうが相当時間を捻出できる。

 

他にも

・通勤時間の効率化

・労働時間の効率化(いかに働かないか

・着替えの効率化

・寝起きの効率化

・健康の効率化

 

 

など。結構日常で消費してしまっている時間って多いんじゃないだろうか

そしてそれを効率化すれば、もっと時間は捻出できるのでは?

 

結局のところ優先順位

結局、何が自分にとって重要で、何が重要でないかをはっきりさせることが大事で、

自分にとって料理は重要でないという人は、いかに料理をしないかを効率化すればいいし、

逆にやりくりが重要だと考えている人は、時間など気にせずスーパーのチラシを隅までチェックしても合理的といえる

 

しかし多くの人にとって、エンタメ以外のものはやりたいことではなく、やらなきゃいけないことだろうから、

労働、家事、悩みごと、その他興味のないことの効率化は、エンタメがあふれて時間が足りない現代社会にこそ必要なんじゃないかと思う。

 

 

 

 

マンション住まいは本当に金がかかる

祖父母は都内にマンションを購入して住んでいる

どういう流れだったかは忘れたけど、昨日マンションにかかる費用を祖母から聞いたのだが、その費用があまりに高かったので記事にしてみた

 

目次

ローンはないのに、月7万円もかかるの!?

管理費&修繕積立金 月5万

固定資産税     月2万

 

キャッシュで一括購入だったのでローンはない。それでも費用は月7万円。

月7万って、普通にマンションを賃貸暮らしできる金額じゃないですか・・・

なんだったら大阪の一人暮らし費用より、高い

syadmi.hatenablog.com

 

特に修繕積立金が高くて、外壁の修理とかするとやたらかかってしまうらしい。しかもその修繕積立金は今後上がることはあっても、下がることはない。

固定資産税も高い。築20年くらいだし、買った金額も高いから固定資産評価額が高いのだろう。

 

管理費と修繕積立金はどうにもならない

固定資産税は、評価額が低いマンションを選ぶという対策はできるが、修繕積立金は築年数が上がっていく毎にどんどん高くなっていく。

マンションだと下手すれば月5万とか買ってしまう。一戸建てならほぼゼロ。

 

マンションの利点を考えても・・・

マンション住まいの利点とは何だろうか

 

・防犯性が高い

・一戸建てより室内が温かい

・なんとなくオサレ

・立地の良い場所が多い

 

くらいだろうか

 

これらのメリットがどうしても欲しいという人以外は、マンションを持つことはあまりいい選択にならないんじゃないだろうか。

マンションに住むだけで月5万とかかかってしまうなら、一戸建てに住んで月5万自由に使ったほうがいいんじゃないだろうか

 

まとめ

マンションは管理費修繕積立費がかかるから、スローライフ向きではないと思っていたが、まさかここまでとは・・・

という衝撃を記事にしてみました。

 

もう空き家問題が深刻化してるし、みんなで中古一戸建てに住もうぜって思ったりする

 

この前のホットエントリーにも、安く別荘買ったっていう記事があったし

kbaba1001.hatenablog.com

 

僕の親もこの話を聞いて、マンションのほうが何となく好きだったけど、一戸建てのほうがいいかも・・・と今は中古一戸建てを熱心に検討している

 

 

一戸建てブーム来てるんじゃないか

 

はてなブログで記事を書くときに、文字が消えちゃう対策

 

はてなブログを書くときに、文字が消えちゃう対策 って文を打ってから、

      ↑の部分。 「を」 じゃなくて、「で記事を」 のほうがいいかな  と思ったとする

 

「を」の前に「で記事を」を入力する

 

こうなる

 

はてなブログで記事ときに文字が消えちゃう

 

で記事っていう3文字を入力すると、そのあとの3文字が消えちゃうんですね

 

なんか知らぬ間にそういうモードになってて、すげえ記事書きにくいなと思った。

 

検索したらすぐ解決方法が見つかった。これだった

hiyokoengineer.hatenablog.com

 

原因ははてなブログではなくキーボードにあった。INSENTキー(またはINTキー)を押してしまっていたからだった。

 

というわけで、一回insentキーを押してみたら、直った。

これで快適なブログライフに戻れる・・・

 

 

【リタイア日記】親の退職から1か月。生活とか、リタイア前に気を付けておきたいこととか

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

前回、親の退職から5日経ったあたりで、リタイアについて日記を書いた。

 

んで、そろそろ無職生活突入から1か月が経過したので、無職となった親の生活を記録に残しておこうと思う

 

目次

 

一日の流れ

 

まずは一日の流れから。

 

7時起き  弟を大学に送り出すため、朝起きる時間はあまり退職前と変わらない

親は家事にたいして妙な責任感があるので、弟が外で歩きながらでも食べれるようなサンドイッチとか、そういうのを作ってあげて持たせてる。

 

12時まで ダラダラ過ごす。主にスマホゲーをしている。寝ている間にたまったスタミナとかを消費している。ちなみに僕のスマホは親のサブ垢になっている。というわけで二台分スマホゲーをしている。

 

昼飯

腹が減ってきたタイミングで昼飯を作ってくれる。ラーメンとか、チャーハンとか。昨日は唐揚げマヨネーズ丼だった

親が家にいると、今までフルグラとか卵かけご飯とかで済ませていた僕の昼飯レベルが一気に上がるようになった。

 

飯食った後はまたダラダラ。スマホゲーのスタミナを使い終わり、ドラマとか映画とかを見る

 

おやつ

親がクレープ食べたいと言い出し、作り始める。僕もせっかくなので便乗して食べる。

 

5時くらいになると何となく眠くなって、1時間くらい寝る

 

20時くらいまでスマホゲー

 

夕飯。

 

寝るまでスマホゲー

 

退職後はなにしてる?

一日の流れからもわかる通り、大体親はスマホでゲームしてる。よく飽きないなと思う。

リタイア前は暇になった嫌だからと、やるべきことを考えていた。

スポーツや読書、絵描き、音楽をやってみるなど、予定はたくさんあったのだが、まだスマホゲーに飽きないので、大して変わらない日常を送っている

 

退職してから感動したことは?

・家にずっといるおかげで、冬の寒さをあまり感じない。大寒波とかバリバリ他人事。

たとえニュースで明日は雪です!といわれても、通勤が大変とか考えなくて済む。

 

・午前中、猫が横ですやすや寝ているのだが、それを見て幸せになれる。一日中猫が一緒にいて幸せそう

 

・眠い時に寝れる。夜眠れなくなるからという理由で、午睡できないというような不自由さがなくなった。

夜眠れないなら7時まで起きてしまえばいい。んで12時くらいまで寝ればいい

 

退職してから変化したことは?

もう仕事できる気がしない

一か月しかたってないが、以前の仕事に戻れる気が全くしないとのこと。

無職生活は人間を堕落させるのか、はたまたフルタイムで働くこと自体が異常なのか・・・

ただそんな親の姿をみて、1年働いて1年休むという労働スタイルはなかなか難しいのではないかとも思った。完全リタイアでなければ週1~週3労働くらいが適正なんじゃないだろうか

 

若干ぼけた

物の置き場所を少し忘れるようになった。

労働自体は脳をフル回転させる効果があるので、それがなくなると脳のパフォーマンスは落ちるのだろう

 

疲れやすくなった

ちょっとした家事で疲れたというようになった。1日に大量の休憩時間があるから対応可能だけれども、仕事しているときはそんなに家事で疲れたとは言わなかった。

これも脳の状態と関連がありそう

 

変化してないこと

お金の使い方

贅沢には走るわけでもなく、かといって使わないよう節制をするわけでもない。

この辺はリタイアした後の貯蓄具合に依るところが大きいんじゃないかと思ってる

リタイア資金に余裕があれば、多少使ってもいいだろう贅沢になるし、余裕がないと節約しようと自然になるんじゃないかと

親の資金は、今の生活を維持するなら十分だけど、生活費を2倍にすると足りないというような感じ。なので、お金の使い方に変化がないのではないかと思う。

 

家事の面倒くささ

仕事して帰ってきてから夕飯作るよりかはましだけど、時間に余裕があるからと言って、家事が面倒に感じないかというとそうでもない。

 

 まとめ

リタイア後の生活内容はさほど変わらず。楽なのは間違いない。

 

リタイア資金はギリギリでもいいんじゃないかと思った。生活レベルを落とす工夫は時間があるからいくらでもできるし。(我が家は初めてドアの隙間を埋める隙間テープで防寒対策をした。今までは時間と余裕がなかったのでしていなかった。)

自分の許容できる生活をイメージして、それを維持できるほどの貯金がたまればリタイアを敢行するのも全然ありだと思う。

 

ただ、足りなくなったらまた働けばいいやとは気楽に思わないほうがいい。無職生活を謳歌したら元の労働条件では働けない。

働くにしても、

フルタイムで働いた人は、リタイア後は週3くらいで

週3フリーターだった人は、リタイア後は週1くらいで働くことを想定したほうがいいと思われる

 

あと、リタイア後は新しいことに興味を持ったほうがいい。

生活はさほど変わっていないが、体力とか精神力は確実に衰えている。

もう働く気はないのであれば体力は落ちても構わないのだが、知力とか好奇心とかも徐々に減るんじゃないかとも危惧している。せっかく自由な時間が増えたのに好奇心ゼロで何もやる気がしない状態なのは悲しい。

そうならないためにも、意識的に違うことに興味を持ってみたりする必要が、リタイア生活後には必要なんじゃないかと思う。

 

 

こんなところだろうか。リタイア計画の参考になれば幸い。

以上、にーとの効率化でした

 

 

 

Amazonしっかりしてくれ。突然お届け予定日を1か月近く延長された

Amazonのずさんな対応 

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

 お届け予定日を1カ月以上延期させられたのは、上の記事で紹介したこいつ↓

f:id:lazyandshortest:20171211101618j:plain

 

送料込みで3000円以下という安さが決め手だった。現在は1~3か月待ちになっているが、記事を書き、注文した当初は在庫が15点あり、1か月弱もあれば届く予定だった。

自分の注文の時には、11月29日から12月11日までに届く予定だった。

 

しかし12月11日の今日、注文履歴を見たらなんとびっくり、お届け予定日が1月21日~2月11日になっていた。

もうわけがわからなかった。一か月ほどパソコンデスクのないままデスクトップパソコンを我慢して利用していたというのに。到着を首をながーくして待っていたというのに。なんだこの仕打ちは。と

 

メールをチェックすると、 Amazonからメールを発見。

延長になったというお知らせだった。しかしメールが届いたのは今朝の5時。ギリギリもいいところ。

この時点で舐められてることはなんとなく感じたが、メールの内容を見て確信に至った。

 

全文引用することはくどくなりそうなので、やめておく。メールの内容はおおそよこんな感じ。

「お届け予定日が延長になってしまってすみませんでした。キャンセルするならこちらからどうぞ。」

 

お届け予定日の最終日の早朝というギリギリにいきなりメールをポンと送られて、この内容である。

 

いろいろ不満はある。

 

いや、マジでなんで延長になったの?

えっ、キャンセルするならどうぞってなんなの?返金できるなら許してやるかみたいな感じになるとでも思ってたの?こちとら貧乏ドケチフリーターだぞ?お詫びはないのか。アマゾンポイントをよこせ

 

まあ大きな機会損失であったのは間違いないので、キャンセルで済む問題だとは思っていないのだが、Amazonどうした。しっかりしろよって思う。

配達員さんのお急ぎ便みたいな、過酷&しっかりしすぎなシステムや、大規模なセールはいらんから、こういう基本的なところをしっかりしろよといいたい

 

一か月前から注文してるんだぞ?????

「あっ。入荷遅れそう。」って思ったら早めに連絡しろよ。社会人なら常識だぞ?by週3フニーター

 

 

追記 クーポンもらえた

とりあえず上記のような内容のメールをAmazonに送ったら、迷惑かけてすまんこれで許してっていうメールが来た。

渡されたのは300円分のクーポンだった。

・・・まあこんなもんか。

 

いや、でもむかつくなあ・・・注文当時には15点も在庫があったのに、入荷が遅れて~ってのはどういうことなんだろう。小一時間問い詰めたい。まあもういいけどさ

 

おわり

 

 

 

 

 

耳当てのすごさ

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 前回の記事で、耳が冷たいから耳当てをして寒さに勝つと意気込んだんだけど、その結果。

 

耳当てはすごかった。想像以上の効果。

 

まず暖かい。ものすごく。外気に触れないだけでこんなに違うのね。ニット帽というものを生涯に一度も使ってこなかった自分だけども、耳以外に頭もガードできるならニット帽も検討しようかと思った。

 

また、バイト先につくと耳当てを外すじゃないですか。すると耳のじんわり感が残ってるんですよ。30分くらい

家からバイト先まで10分くらいなので、10分つけただけで、30分じんわり温かいってすごくないだろうか。

耳の血行が良くなったのを実感。耳しか変化はないはずなのになんか全身ポカポカするような感じ。

 

というわけで、耳をガードすることは寒さ対策としてはとても有効だということが分かりました。もっと早くすればよかった

寒さに勝つ

寒い。昨日バイトの行き帰りは、寒いとしか感じられなかった。

首にはマフラー。手には手袋。上着はきちんと厚着してるし、下はズボンと靴下で覆われてるし、顔のほとんどはマスクをつけることで保温している。

 

なのになぜ寒いと感じるのだろう。

 

答えはすぐ見つかった。耳だった。

耳が保護されていなかった。耳の痛みによって空気の冷たさを感じていた。

 

さっそく昔ランニングの際に3日ほど愛用していた耳当てを引っ張り出した。今日は寒さにリベンジしてくる。人間は雨には勝てないけれど寒さには勝てる。

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

寒い時期に備えて活動しない準備をするようなニートに早くなりたい

pha.hateblo.jp