読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強の勉強法は授業を聞いて復習すること

 

常々疑問に思っていた勉強法があります

「授業中は全力で内職をしろという勉強法です」

僕は内職を結構やってた質ですけど、その経験も踏まえたうえでやっぱり授業をちゃんと聞いたほうが効率的なのでは?と思ったので今日はそんな内容です

 

目次

 

学校の勉強と受験勉強は違うというけれど  そもそも土台ができてなかったりしませんか?

 

学校でやった問題や教科書の内容が受験でそのまま出ることはありません。

が、しかし間違いなく教科書の知識が基礎になります。基礎がなってないまま勉強するのはしんどいですよ?


そもそも基礎がちゃんとできてる学生って珍しいですよね?

教科書マスターしたって学生が受験で高得点をとれないなんてことはないと思います。

基礎ができずに「学校の授業は意味ないから」といって受験対策しても、基礎ができている状態より効率がいいなんてことはないんですよ

 

授業中に内職するのって効率悪くないですか?  

 

内職についてもうちょい意見を言っていきましょうか。

あんまり効率的な方法ではないと思います。なんでかっていうと内職するのにも段取りが必要だからです

 

今日の授業は内職をしてもいい先生かどうか。 この授業は他の教材を出しても見つかりにくいかどうか  そもそも授業中に当てられることが少ない授業かどうか

それらを考慮しながら、「じゃあ2限は数学の過去問を解いて~3限は内職できなさそうだからばれないように仮眠をとろう」なんて事前に段取りを組まないといけなかったりします
(段取りを組まないと教師に目を付けられて、みんなの前で怒られて、教材は没収、メンタルはズタズタ なんてことになりかねない)

 

でもその段取り、時間の無駄じゃないですか? そんなことしないで、授業中はきちんと授業を聞き、時々教科書を見て不得意な部分を復習するほうが脳のキャパを圧迫しないですむんじゃないですか?  メンタルを疲弊させないで済むんじゃないですか?


どうせ受験以外にも学校の勉強もあるわけだし、授業中は嫌でも拘束されますし、教師に目を付けられていい思いをすることはありません。なら、ちゃんと授業を受けるというスタイルを軸に勉強法を考えたほうが効率的だと思いませんか?


学生に戻ったらこうしようと思う4つの勉強法

とはいえ僕は学生のころ、内職の鬼でした。今振り返ってみると頑張ってはいたけど、がむしゃらすぎるなと感じている
じゃあ、今はどんな風に勉強するのかというと大体こんな感じ

1授業はきちんと聞く 
2授業中テンポが遅いと感じたら、教科書を見て軽く復習
3昼休み中に宿題をこなしておく
4家に帰る前に図書館で残りの宿題をこなす(もし受験シーズンなら、宿題は減ると思うので、1日のノルマを設定した受験勉強をこなす)

内職と予習はやらない。家で勉強もしない。

 

昼休みをダラダラ過ごしてませんか?


なんで昼休み中に宿題をこなすのかというと、昼休みが長いからです。
1時間ありますよね? でも昼飯なんて用意して置けば10分とかで食えますよね?
そこから図書室に移動するのに10分もかかりませんよね?  30分くらい宿題をやればいいんじゃないでしょうか

溜めているとかでなければ宿題に2,3時間かかるなんてことはありませんよね? じゃあ30分ほどやれば結構片付くんじゃないですか?

というわけで昼休み中に宿題をやります。足りなければ家出はやらずに図書館でこなしてから帰ります。 家でやろうとして集中できずにやらなかったなんて日が一日でもあると一気にリズムが崩れるからです。最悪崩れたら土日を利用します。土日は緊急避難的な最終手段だと思って老いたほうがいいと思います。ちゃんと平日に勉強で来たら、土日は遊んでいてもいいというご褒美システムを構築したほうがやる気も出ます


勉強の向き不向きはあるから、志望校はいけそうなところでいい

明確にこれをしたいからこの学校を志望するっていうならいいですけど、そうではないですよね。

だったら学校なんていけそうなところから考えたほうがいいと思います。

せいぜい偏差値が高いといじめに合う可能性が減るってくらいで、もちろんそれでモチベが上がるなら偏差値が高いところを受けても構わないけど、難関になればなるほど基礎問題とは別に応用問題を解いたり、勉強する範囲が広くなったりするので、あまりお勧めしない。


授業&復習きっちり勉強法は、高難易度の受験対策には向いていないんで、まずは基礎を固めてみて、余力があったりすれば勉強に向いている可能性があるから頑張ってみる・・・・・・くらいの気持ちでいいと思う 

あと偏差値以上に重要なことがあって、学校はできるだけ近いほうがいいです。通学の難易度がかなり下がって、学生生活の幸福度がかなり上がります

 

それができれば苦労しないよと思う方へ


ただ、授業をきっちり聞くというのも言うほど簡単でもないんじゃないかと思います。受験勉強を内職するよりかは楽だけど、宿題をほとんどやってないみたいな人にはそもそもそんな習慣をつけることが不可能に近かったりします。

まあ別に勉強できなくても構わないと思うんですけど、受験勉強に特化しすぎて、授業を軽視しすぎている勉強法が多い気がして、ちょっと授業を擁護してみました
受験のための勉強に嫌気がさしている人は、どうでしょうか?まずは授業と復習を主体に基礎を固めて、志望校を下方修正してみませんか?

お勉強に対する適正はあったのかもしれないけど、どうせなら労働に関する適正が欲しかった

目次

物欲はないから生活費は低いが、働かなきゃならんのは変わらない

僕は物欲が低いほうです。そして同時に労働意欲も低空飛行なので、固定費を下げまくりたいと考えてます

lazyandshortest.hatenablog.com


でもどんなに固定費を下げたって生活費はかかる。

物欲が低いほうって言ったって極限まで低いわけではなく、結局月に5万くらいは要する。
これが月2万くらいで生活出来たらまただいぶ楽なのかもしれないが、5万だとそれなりに働かないといけない。

 

 

お勉強ができても働かなくて良くなるわけではない

※勉強という言葉だと、自分がやりたいからする勉強と、教育機関から強いられるいわば受験のための勉強とごっちゃになるので、当ブログでは次のように使い分けをしています

 

勉強・・・・・・自分がやりたいからする勉強   投資とか実務的な勉強も含む

お勉強・・・・・・教育機関から強いられるいわば受験のための勉強 国数英社理

 

僕はお勉強が人より出来る方でした。テストで高得点をとるというゲームに対してやる気になれる子でした。

でもおかしいですね。学生時代はお勉強ができるだけでもてはやされていたのに、なんで今はダメ人間低空飛行底辺人間なんでしょう。

 

人間性が変わったというより、求められる能力が変わったんだと思っている。
「テストで点を取る能力」から、「みんなとコミュニケーションをとり、ストレスに耐え、点数はつかず、目標もないけど頑張り続ける能力 etc」へ変わったんです。 変わりすぎだろ

 

学生時代は「お勉強が出来る」=「出来がいい子」でした。  多少コミュニケーションできなくても、運動ができなくても、勉強ができればそれで問題なかったりします
今もきっとお勉強ができる人間であることに変わりはないんでしょうけど、もうテストはないんで、全くその能力は生かせません。

 

もちろんお勉強ができることに越したことはないんでしょう。「社会人になっても勉強しないやつは伸びない」なんて言いますよね。でもそもそも働く能力が皆無なら勉強できたって意味ないじゃないですか。まずは働くことを教えろよって思います

僕はお勉強はできたんだよおおおおおって叫びたくなりますが、まあ結局のところ仕事に対する意欲がないと勉強できたって意味ないし、働かなくて良くなるとかそういうわけではないんですよ。


ちなみに僕が中学、高校時代にぼんやりと思っていた労働はこんな感じでした

勉強ができる人達→入社してからバリバリ会議とかやってて、頭は使うけど肉体的な疲労はなくて、生産性が高い仕事!だから労働時間も短い!

勉強ができない人達→肉体を駆使して営業とか、現場で汗水を垂らす。 ストレスも筋肉で解決。というか悩みとかない。労働時間や環境は劣悪

 

なんとなく勉強ができればちやほやされつつ、楽な仕事ができるって思ってたんですけど、実際は全然違うようで、結局「お勉強ができても、できなくてもスタートラインは同じ」なんですよね。

「お勉強ができればすごいんだろ?俺はすごい人材なんだろ? じゃあスタートラインから優遇してくれよぉ」
と叫んでも誰も聞いてはくれません。「もうお勉強という適性があったからなに?って感じなんですよね。持ち上げといて落とすなよって思う

 

人それぞれ適材適所ってものがあるというけれど、テストの点は低くていいから、労働が苦でなければよかったと切実に思う

ごくわずかな万能なやつを除いて、人には向き不向きがあります。適正がない分野をわざわざ克服するのは大変ですし、そもそもみんなが同じ分野をできるようになる必要はないと思います。

 

ですが、労働だけはほとんどの人ができるようになりません。僕は労働の適正がかなり低いほうですが、それでも働かなきゃなりません

中学校とかにいました。勉強ができないやつ。勉強ができないので、僕は純粋に、「こいつは駄目なやつなんだろうな」って思ってましたが、今では勉強の適性がないだけで、労働の適正はあったのかもしれないし、そうだったらなんかバカにしてすいませんでしたって思います。

 

働きたくないとこぼす自分を、軟弱ものだと思いますが、直そうという気も起きないので、そういうものも含めて、労働適性が低いと判断しています


もうテストの点なんて取れなくてよかったよ。別にテストができたからって友人ができたとか彼女ができたとかそういうことはなかったし、学生時代を振り返っても、楽しい思い出よりつらい思い出の方が多かったりするよ。なんだこれ。勉強の適正ってなんか意味あったんだろうか?

 

勉強適性の代わりに、労働適性があったらと思います。労働がそこまで苦でなければ、とりあえずお金は手に入るじゃないですか。生活に困ることなんてないじゃないですか
さらにいえば、お金を自分で稼ぎだす行為って、自信につながるんじゃないかとも思う。高収入だと自己肯定感が強くなるみたいな感じで

そうなると労働適性があるだけで、生活が余裕で、自信に満ち溢れた生活を送るようになれるわけですよ。なんて羨ましい

 

今の世の中で一番幸せなのはどんな適性を持っている人だろう

思いつくのは二つ。やりたいこと適正と、労働適性。

 

やりたいことに夢中になれる適正

もうデカいくくりにするとこういうことかなって思う。

失敗を恐れない適正とかも思いついたけど、そもそも失敗を恐れない人達って、失敗したときの辛さよりもやりたいことが目の前にぶら下がっているから気にならなかったとかそういう感じなんじゃないかと思う。

彼女が切実に欲しい。あの美女をなんとしても手に入れたいってことに夢中になれば、どんな失敗も怖くなくなったりするんじゃないですかね?面倒なことも面倒に思わなかったりするんですかね

youtuberがやりたいことで生きていくって名言を残して今もなお活動を続けていますけど、「俺は今これをやりたい― それをやるためならどんなことでも苦にならないー」っていう状態になれる人と、そうでない人がいるような気がします。 もちろん100か0という問題でもなくて、適正が80%くらいある人もいれば、10%くらいしかない人もいて、
僕は2%くらいの人間だと思います。夢中になれたのは麻雀くらいのものです

でも常に夢中状態なら、そりゃ無敵ですよね。というわけでこれが1番欲しい適性だと思う。

 

労働に対する適正

でもかならずしもやりたいことに夢中になれる人間ばかりではないし、その場合はやりたいことを模索しつつ、ただ生きるため、生活するために労働をする必要があります
僕はやりたいこともないし、なんか時々死について考えてしまったり、体がだるくなったり気分がどん底だったりするので、ものすごく労働意欲が低いですが、この労働に対する不適正ぶりは、この世に生きることを一気にハードモードにします。

もちろん労働適性も100かゼロかではないですが、「愚痴を言いながらも4年間アルバイト頑張れちゃいました♪」みたいな人も結構いる。
僕からしたらなぜそんなに毎日働けるんだろう。外に出れるんだろうと思う。
僕だったら6時間働いた日があれば、次の日は家に引きこもってないと体力が戻らない気がする。


そんなわけで、
「えっ?毎日働くなんて普通でしょ?何で君はできないの? もちろん平日は終電帰りで、休日はビジネス本を~」 ←労働適性100

「働くのは大変だけど、けっこうやりがいも~」     ←労働適性80

「働くのは確かに嫌だけど、働けるうちは働かないと~」←労働適性50

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「働きたくない。辛い。やめちゃえ。もっといい職場があるだろう」←労働適性30

「外に出るのが面倒。えっ?働けって? ・・・・・・」  ←労働適性10

 

適正が50から上の人はたとえやりたいことがなくてもこの世の中で生きるのはそんなに辛くはないんじゃないかと思う。
労働をそこまで苦には思わないか、頑張れちゃう性質の人は、すでに有利な適性を持っているといっていいんじゃないだろうか

適正30以下くらいから世間が厳しく感じ始めるんじゃないだろうか。というか労働適性がある人って、仕事辞めないよね。本当にすごいと思う

 

学校をただただディスる記事になった

まとめると、「僕はお勉強できたんだよぉ  でも働きたくはないんだよぉ。生理的に働くってのが無理なんだよぉ  でも世の中は働かないといけない仕組みになっているんだよぉ
お勉強が得意でも意味ないじゃないかよぉ」

という訴えでした。

 

本当のことを言うと、記事ほど切実に訴えてたり考えてたりしているわけではないです(笑)   別にそういう世の中だしそういう自分だからしゃあないよなと思います
でもそろそろ教育のシステムは変わんねえのかなーって思ったりします。

  

五教科絶対いらんやろ

心理カウンセラーとかおいて、面談すればいいんだと思う。
やりたいことはなにか?  今、それをやれているか?  やりたいことがないなら、逆にやりたくないことは何か?  働くことに自信はあるか?  自信がないならなぜ自信がないか?解決策はあるか

もういっくらでも生徒が考えたほうがいいことはあると思うんだけど、そういうのはまったくやらずに徳川家の将軍の名前覚えさせたりするのが真面目に意味わかんねえなと思う。

とまあ教育についての愚痴を書きだすときりがないし、僕も偉そうに言えるほど教育について知らないので、この辺で。長文失礼しました

「笑ゥせぇるすまんNEW」のオープニングテーマ曲「Don't」を1.5倍速で聞くとめっちゃ良い

目次

アニメのOPは音楽に受け身な僕にも優しい

アニメ好きというほどではないが、弟が録画したアニメをちょくちょく見る。

僕は音楽に興味がほとんどないので、いい曲を探すとか、カラオケ用のために仕込むとか、CDを買うとかそういうことはほとんどしない。

その結果、流行りの曲とかも情報が入ってこない。

 そのため、アニメのOPは音楽へ全力で受け身態勢な僕にとって、とても触れやすい。僕が気に入った曲はDIVAに入ってた曲かアニソンぐらいなものだ

 

今期のアニメもまだ1話をみるか否かぐらいのノロノロペースだが、

その中で「笑ゥせぇるすまんNEW」のオープニングテーマ曲「Don't」が聞いててめっちゃいいなと思ったので記事にしてみる。

 

1.5倍速で再生すると一気に中毒性の高い曲になる

この曲の何が感動したかというと、1.5倍速で聞くとすごくアップテンポな曲になるんだよね。

歌詞は載せていいのか分からないから載せないけど、笑ゥせぇるすまんNEWの内容である、「悪人ってほどではないけど、あんまり良くない大人を注意喚起する」って感じにとても合っている。つまるところ、そんなに明るい感じの曲ではない。

そんなに明るい感じの曲ではないが、とても中毒性の高い曲。結構そういうの好きな人多いんじゃないだろうか。ボカロだと結構そういうの多いイメージ。孤独の果てとか好き

 

「Don't」をディスってるわけではない

ただ、普通に聞くとスローリィな曲に聞こえる。

テンポの遅めな曲が悪いとかそういうことを言っているわけではない。

 

むしろアップテンポの曲ばかりを好んで聞いているこちらに要因がある。

こちらが悪いのだけど、やはりDON’tは1.5倍速で聞くととてもいいんじゃないかと思う(おい)

 

曲も歌詞も声もいいのに・・・・・・

笑ゥせぇるすまんNEW DON’tで検索してもあまり出てこない。

つまり人気ではなさそうだ。

 

でも、本当にいい感じの曲だと思うんですよ。音楽ど素人の僕が言うのもなんだけど。

ただ、ちょっと遅いだけなんですよ。そして1.5倍速で聞くと「お、なんだこの曲めっちゃいいじゃん」ってなるんですよ

 

というわけで、そんなことを訴えてみたい記事でした

大学生向け超コスパの良い体力の付け方

目次

体力が低下した大学生に送る。アルバイトは超合理的な体力作り

最近疲れやすい・・・・・・ ちょっと勉強しただけで嫌になる・・・・・・

そうだ。体力をつけよう!
そんなあなたに、超合理的で効率的な体力の付け方を提案する。

アルバイトだ。アルバイトをするのだ。

ふざけんな!と思うかもしれないが、考えれば考えるほど、アルバイトは体力作りに適している。

 

アルバイトはコスパが良すぎる体力づくり

 ではまず、体力作りとして一般的な方法を考えてみよう

 

ランニング? そんなことしても無駄だよ。続かない

冬に走ろうにもまず寒くて着替えるのが苦痛。着こんでも走ったら邪魔すぎる。かといって着なさすぎると走っても走っても肌が冷たいと悲鳴を上げるので萎える。ついでに喉もやられる。乾燥してるから

春は花粉症で死ぬ。マスクをすると人目が気になる
夏に走ると水分補給必須だし、帰宅後のシャワーで体くたくた、脳ボヤンボヤンで死ぬ
そうなると秋限定の体力つくりとなるわけだが、そんな秋だけなんて続くわけないじゃん。ただでさえ学校が始まって忙しいのに・・・・・・そして気づけば冬になって以下エンドレス


水泳?

個人的には興味あるんだけど、ジムに行くか、市民プール的なのに行くしかないんだよね
でも大学生にもなると市民プールってちょっと入りづらい印象があるよね。体力づくりで泳ぐのもちょっとね
ジムに行くって手もあるけど、結構かかるよねジム。月5000~1万くらいかかるイメージなんだけど、大学生には厳しいんじゃないかと思うしハードル高い

 

球技?

対戦してくれる仲間がいないね?もうこの話はやめようか!


なぜ、これらの体力つくりは難しいのかまとめると、
・強制力がない&季節によってほぼ不可能といっていい状況に陥る
・お金がかかる
・仲間が必要。場所が必要。一人でできない

つまり強制力があって、季節関係なくできて、お金がかからず、なんだったらもらえて、一人でできるアルバイトは体力つくりにピッタリだ。そうは思わないか?

 

そもそも外に出ないから体力が衰える。アルバイトとなら強制的に外に出れるね

取るべき単位も少なくなり、サークルにもあまり出ていない。趣味はソシャゲ。外に出るのだるい。

「毎日1限に間に合うよう支度し、6時間から8時間は外に出て、時には体育の授業で体を動かし、帰宅後には遊ぶだけでなく勉強もする」という今の僕にとって超ハードな高校生活とは大違いで、

 大学生になると、外に出たくないと思えば外に出ないこともかなり可能になる。

そして当然運動もしない。

 

体力が急激に低下するのは当然だ。

筋肉ムキムキにはならなくてもいいが、せめて外に出たときに心臓が軽く拒否反応を起こして、心拍数が上がるような不自由さは感じないようにしたくはないか?

僕は思いました

 

 

大学生がアルバイトをするなんてもったいないという意見はその通りなのだが・・・・・・

 「学生時代の貴重な時間をお金に変えている」という意見はとっても正論なんだけれども、私のような「怠惰でインドア趣味で、体を動かさない」大学生の視点が抜けているんじゃないかと思う。

 

どうせ、毎日1時間、2時間体力つくりに勤しむんだったら、ちょっと体を動かすアルバイトをしたほうがよくないですか?
家で引きこもってるとどんどん体力がなくなっていく。ついでに行動力もなくなっていく。
家で引きこもってるより、アルバイトやってた方が、話のタネとかできやすい。

体力つくりとしてのアルバイト、話の種としてのアルバイト と考えれば、大学生のアルバイトはすごくコスパがいいんじゃないかと思う。

不老不死の技術をあてにして、死は考えないでおくという選択肢

目次

死を考えすぎるのもあまり良くはない

僕は死が怖い。何で怖いかというと死んだあと意識がなくなって、永遠に、100年後も1億年後も目覚めることがないのが怖い。

生きて何かしたって、死んだら何もないし、今が楽しくても死んだらもうこの楽しさは味わえないんだなって思うと純粋に楽しめない

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

とまあそんなことを一日に一度は考えたり思ったりしている。

 

死を全く考えないのは生を軽視する点で望ましくないけども、死を考えすぎるのもそれはそれで日常生活に悪影響が出る。特にやる気が出なくなる。

なので、哲学者になるとかでなければ、多少は死を考えすぎないようにセーブできるとちょうどいいのだと思う。

 

今回は死を考えないようにする方法の一つを提言したい

 

不老不死は実現するのでは?

 

死ぬことは怖い。

ただ、もし不老不死が実現したらどうでしょう

僕は常々あと800年生きたいと思っているけれど、本当に寿命が800年まで伸びるなら死ぬことが怖いと思いますかね?

 

科学がこれだけ進歩してきて、人間のほとんどが死を避けたいと思うなら、死を回避する技術が進歩してもおかしくないんじゃないかと思う。

ただ不老不死の研究内容は普通に難しい。僕は良く分からなかった。

分かりやすくまとめてある記事を引用

karapaia.com

 

どうやら大きく分けて、不老不死の方法は二つ考えられているようだ

肉体的な老化を止める方法と、精神を肉体以外に移して 保存する方法だ。

僕はどっちでもいい。

 

 

courrier.jp

 

googleならやってくれるんじゃないか?

 

ちなみに私は不老不死研究に詳しくない。googleは研究を辞めているかもしれないし結構うまくいってるかもしれない。

 

ただ、今回の記事に真偽はそれほど必要ない。

不老不死が実現するかもと思うことで、「死んだらどうなる・・・・・・? 死んだら何も残らないじゃないか・・・・・・」などと悩まずに生きられるのでは?と提言したいだけだから、30年後に見知らぬ企業が不老不死の技術を開発してくれれば結果オーライ。現段階はおいとこう。

 不老不死の製品ができたら世界はどう変容するか

 

子孫を残す必要がなくなる。でも子孫を残す欲は残るから人工が増え続ける
物質と資源が枯渇し始める
戦争が増える
地球だけじゃ生きていけないから別の惑星に住みかを求め始める

 

 SFかな?って感じの流れが想像できる。

戦争が増えたら嫌だなーと思うんだけど、いやいや良く考えたら不老不死の技術さえできているなら、食料や資源ももっと効率良く出来てそうな気がする。

なら戦争は起きない?まあその辺は詳しくないんで、科学が解決してくれることを祈る。


不老不死の技術ができたとしても、それを手に入れることは可能だろうか?

まず不老不死の技術が世に知れ渡れば、需要は間違いなくあるわけだから、注文が殺到する。
特にお金に糸目をつけない人たちが先に手に入れそうである

糸目を付けない人たちが出てくるのなら、一部の人たちに売るだけで十分利益になるのだからあえて薄利多売にする必要がなくなる。大量生産するためにも手間やコストがかかる。

ただ初期には手に入らなくても、開発あら10年ほどたてば一般的に普及してもおかしくはない。インターネットやスマホが急速に普及したように

 

 でも、もしかしたら貧富の差で不老不死になるか決まるのかもしれない。

そう思うとお金を持っておこうかと思わないでもない。

 

しかしながら、不老不死の技術が実現するぐらいであれば~(以下略)

もし食料と資源が半永久的にできればお金なんていらないよね


現実逃避というほどではないから多少は楽になる

技術の進歩はめざましい。そしていつの時代も人は狂うほどに不老不死を求めた。
科学が進歩していない昔では、ただの気が狂った権力者の無茶ぶりだったが、科学が進歩した現代では不老不死を狂うほど求める開発者がとても頼もしい
やってくれるんじゃないかと思わせる。

「いつか不老不死の技術が完成して死ぬことはなくなるかもしれない」

と思えれば、死への恐れも多少は和らぐ。

 

死を考えないようにする言い訳、理由としてはなかなかマシなものではなかろうか。

少なくとも、「考えてもしょうがないんだから前向きに生きようとか」 「時間は有限なんだから、もっと有意義に生きようとか」 
そういう理由よりかは現実味があって、死の恐怖を根本的に和らげてくれる


ということで、どうでしょうか。不老不死。死ぬことを考えずに、多少は楽しいことに時間を費やしてみてもいいんじゃないでしょうか

城姫クエストはなんか気軽にできるゲームないかなーという人におすすめ

目次

 

はじめに

内容はタイトルの通りだが、

とりあえず気軽なゲームってなかなかないんだという悲痛の訴えを書いてから、城姫クエストを褒めていこうと思う

固定回線を入れたが、パソコンは低スペックのまま。しかしネトゲをやってみたいんだ

昨日、固定回線が開通した。8カ月に及んだ格安SImのデザリングオンリーのネット環境から一気にランクアップした。

僕は以前からネトゲをやりたいと思っていた。以前艦これにはまっていた時期があったが、あんな充実した日々(中毒性のある日常)をまた過ごしたかったからである。

 

さてしかし、8か月前に固定回線を解約した僕は、ネトゲをやる意欲などなかったので、パソコンも安いノートパソコンのままであった。

僕はPCについてあまり詳しくはないが、低スペックだろうということはなんとなくわかる。今度デスクトップパソコンを買う予定だが、それまでにせっかくwifi光回線が来たのだから、なにかネトゲをやりたいと思い、低スペックでも楽しめるゲームを探していた。

 

低スペックでも楽しめるゲームってなかなか見つからない

 

「低スペック PCゲーム」と検索して出てきたサイトがおすすめしているゲームを人気順にやってみようと思ったのだが、3つの点でプレイをあきらめることが多かった。以下は要因ごとに列挙していく

 

動作環境 推奨スペックが高い

CPUってやつ。core i5  とか求めてくる。確かcore i7が最新なんだよね?

きっと僕のノートパソコンはcore という文字もないやつだと思う。ていうかcore i5って低スペックなの・・・・・・?

まあ、これは動作環境を確認すればいいだけなのだが(あとグラフィックがやたら凝ってれば大体要求スペックが高い)

 

インストール容量が多い

ゲームって始めるまでが長いとだるい。会員登録して、ダウンロードして、インストールして、チュートリアルを・・・・・・・はあ

まあ手軽でないのは確かだろう。

動作環境が問題なくても、メモリを食うゲームがあったりする。インストール時に、7GBを要求されたので慌ててインストールを中止した。僕のパソコンはそんなにメモリの空きがない

始めるまでの気軽さと、メモリの少なさを考慮すれば、ブラウザゲーの良さが分かる。

 

やたら登録情報が面倒くさい

登録情報を打ち込むのに関しても、パスワードでは英数字と小文字大文字を分けないといけないとかはめんどい

メール確認も一回くらいならいいけど、メール閉じた後にもう一回確認メールを送りましたとか言われると、はあ?ってなる

ゲームスタートまで5分もかからないようにしてほしい

 

城姫クエストはとても気軽

yahooのブラウザゲーなので、yahooIDを持っていれば登録の必要がほとんどない。

そしてブラウザゲーなのでインストールも必要ないし、動作も僕のぽんこつノートPCでも光回線ならサクサク快適。

 

ただ、どう面白いのかといわれると説明しずらい

難点として面白さが伝わりにくいというのがある

とりあえずゲーム画面のスクショを交えて説明していこう

 

城とかわかんないけど、大丈夫

 

f:id:lazyandshortest:20170506133745j:plain

 

とりあえず出てくるのは、日本のお城を擬人化した美少女たちだ。

艦これと仕様はほとんど一緒。やってみると懐かしい気分にすらなる

ちなみに私は戦艦もお城も全く興味はないが、艦これにも城姫クエストにもはまってしまった。つまるところ、美少女と育成は相性がいいのだろう

 

戦闘シーンはお世辞にもかっこいいとは言えない

f:id:lazyandshortest:20170506134129j:plain

 

なんといってもこれである。今年リリースのゲームだったはずなのだが、戦闘シーンに関しては「これ本当に面白いの・・・・・・?」って若干引くレベルで雑。

まあしかしある程度グラフィックで手抜きをしたからこそ、この気軽さが生まれたのだろうし、このゲームの面白さは戦闘出はないと思うので、ある意味メリハリのあるゲームだといえなくもないので、まあそういうことだと思って、とりあえずやってみてほしい。

 

まあお決まりのおはだけはある

 

f:id:lazyandshortest:20170506134538j:plain

 

 

艦これは被弾で見れる仕様だったので、勝利とおはだけが結びついていなかったが、城姫クエストは、勝てば敵がおはだけする仕組みになっている。

僕は艦これの被弾によるおはだけも背徳感があって好きだったが、城姫クエストのおはだけも勝ちにたいする意欲が生まれていいのではないかと思う。

 

次はこれをやろうという予定が生まれるのが楽しいのかもしれない

まとめに入ろう。城姫クエストはやることが結構ある。しかし何をやるにもスタミナみたいなのがあり、使いきれば時間の経過によって回復を待つか課金しなければならない。

なので、効率的に進めようという意欲がわく。回復の時間を考えて予定を立てておかないと、なかなか進まないからだ。

一日の予定に城姫クエストが組み込まれており、それをこなすことで、無課金にしては効率的に育成が進んでいく。そして育成が進んだ美少女たちが、倒せなかった敵を倒せるようになる。

計画を立て、実行し結果を出すというプロセスを気軽に味わえるという点で、城姫クエストをとりあえずやってみたらどうかと提案してみる。

 

(あと、他におすすめなゲームあったら教えてください。 プレイできなくても文句は言いませんので。)

 

 

ドラマ好きでない僕がおすすめする。『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』は面白い

僕はドラマが好きではない。親が好きなので1話だけ見て面白かったのは続きで見る形をとっている。そして超がつくほど飽きっぽい性格で、1話から見るのをやめてしまうぐらいだ。

そんな僕が、「あんまりドラマは見ないけど、なんか面白いのないの?」って方に、CRISISは面白いぞと薦めてみる

ネタバレは無しでいく

 

目次

 

CRISISの良いところ

芝居やセリフが臭くない

他のドラマの批判になったしまうが、緊急取調室を僕は一話で見なくなった。

なんというか、セリフに違和感を感じた。悪く言えば劇を見ている感じがして、どうしても入りこめなかった。
特に緊急取調室とかめっちゃ面白そうなのに、セリフが無理だった。うまく説明できないが(ちなみに緊急取調室の1話で出てきたおばあちゃんはすごく良かったと思う)

CRISISは今のところそういうのがなくてとても楽しい。

 


外れ回がない(今のところ)

素晴らしい。最初の導入は良く分からないシーンもあったけど、どの回も今のところ面白い


テンポがいい。緩急があるが、緊張感が持続する

リバースも面白そうだったんだけど・・・・・・ ちょっと緊張感のない場面が長くて、やめた。きっと2話以降緊張が続くのだろうけど
なんかこう、やたらダラダラしていたりするのが嫌。
1時間の中で、5分退屈な時間が続くと飽きてくる僕にとって、緊張の連続であるCRISISは素晴らしい


キャラがいい

特捜班のキャラがたっている。どのメンバーもいいが、特に爆弾処理を得意とする人は面白い。
また警護される側の、一話限りの登場人物もいいキャラが出たりする(特に4話の教授は良い)
やはりストーリーも大事だが、キャラがいいとテンションが上がる。

 

1話完結なので、今から見ても大丈夫

当たりだなーと思う。基本的に一話完結なので、(というよりドラマはみんなそんな感じなのかな)

途中から見ても大丈夫なんじゃないかと思う。