にーとの効率化

ずっと夏休み

【夏】靴の臭いと足の臭い対策

 

 

除菌ウェットティッシュで靴を拭いて1日放置。

靴の臭いはこれでおさらば。

 

除菌ウェットティッシュコスパは圧倒的。

 

amazonなら

スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ 本体 100枚で285円

一足につき一枚で事足りるので、1日2.8枚

 

ちなみに僕は西友の きほんのき 除菌ウェットティッシュ詰め替え用を使っている。

130枚で183円。ちょっと薄いけどこれで十分

 

万が一靴の臭いに効果なかったら、普通にテーブル拭いたり手を拭いたりして使えるんでそういう意味でもとりあえずやってみて

 

手入れも簡単。

使ったその日の夜に、除菌ティッシュで靴の中敷をさっと拭くだけ。

慣れれば秒速。

丸一日玄関に置いておいて、次の日には履ける。

 

足の臭いからシャットアウトしたい人は、五本指ソックス。

足の指の間がくっついて汗をかいて菌が繁殖という動きを防ぐ。

長いのが多いイメージだけど、短いのもある

 

余談だけども外でも靴を脱げるタイミングがあれば靴を脱ぐといい。

僕は念のために靴下の替えも用意している。

 

まあ一番効果的なのは外に出ないこと

 

 

・・・・・・というニート的結論で終わります 

 

 

本気を出せない人が、短期的に集中する6つのコツ

僕も楽に生きたい派なんですが、時には片付けなきゃマズイ課題や試練があったりします。

そういうのを片付けたり、一日を効率的に過ごしたい時には、「短期的に集中する」ことにしています。

 

やるべきことができない

気がついたら一日に3回寝てる

すぐに疲れる

無理はしたくない

 

そういう人のために、自律心0の僕にもできる「やる気の出し方」を書いてみようと思います。

 

とりあえず僕の基本的な考え方を挙げておきます

・常に頑張らなくていい。常に頑張ってたら疲れる
・楽な方向に流れるのは別に構わない
・気軽にスパッとやる気を出したい
・できるだけ無理をしない
・精神論、根性論は用いない
・できる人ではなく、できない人向け

 

さて、では本題に入ります

 

目次

 

コツというか、最低限満たす2つのこと

十分な睡眠時間を確保する

質の良い睡眠とか、よく眠れた感は考えなくていいです。以前こんな記事を書きましたが、質の悪い睡眠をとっても集中することはできます。

lazyandshortest.hatenablog.com

 

まずは最低6時間。目をつむりましょう。

これが一番大事です。睡眠不足で集中するのは無理です。

 

そして、次に大事なのはちゃんと起きることです。
朝が来て、なんかまだ眠いなーと感じてもそれは睡眠不足ではなく、瞳が渇いているからです。とりあえず目薬を差しましょう。安いやつで大丈夫です。驚くほど頭がクリアになります。

 

目薬うまくさせないんだがという同志は、こちらもどうぞ

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

 栄養をサプリで確保する

普通に自炊していても、不足しがちな栄養素は結構あります。

そして栄養が十分にとれているかは、やる気と緩やかに直結します。

ビタミンC・・・・・・ストレスに効く
ビタミンB群・・・・・・体の疲れに効く

 

僕がとっているサプリは

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒、(1502円)

アサヒグループ食品 ディアナチュラスタイル ビタミンC 60日分(120粒) (321円)

ディアナチュラビタミンB群 60日分 60粒 (345円)です。

全部amazonが安い

 

サプリ系はそんなに高くないし、手軽。

一日分で考えると
マルチビタミンミネラルは13円 ビタミンCは5円、ビタミンB群は6円 

バイトしてない僕でも普通に買えます。

 

マルチビタミンミネラルは1粒がデカいので半分に割って飲んでます。そこそこ栄養のある食事をしている人は一日半錠でも十分です。

あとは、昨日の食事で不足していると思われる栄養素をサプリで取る感じです。
面倒なら何も考えずにビタミンB群とCを取るのもいいでしょう。

 僕は、朝飯後に全部飲んでいます。

 

さて、睡眠がー栄養が―とずいぶん速攻性のなさげなことを話しましたが、

次の4つはようやく具体的なコツになります。

 

一つのことしか考えないようにする

やる気が出ない大体の原因は、雑念です。

 

あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!
時間は足りるだろうか。そもそもそんな作業量できるだろうか。
疲れそうだなー。嫌だなー

こういう風な思考になってはやる気が出るわけないです。

 

色々やることがあっても、携帯のメモ欄にやることリストを作っておいて、何も考えずに上から消化していく。ああーまだこんなに残っているのかーとかは考えずに

 

また効率化を考えたり、一気に複数のことをやらないほうがいいです。マルチタスクはできない人にとって悪です。多少効率を落としても、やる気を持続させるのを優先したほうがいいです

 

集中している自分に酔いしれる

やる気を出すコツとして、ただ、急ぐというものがあります。
どんな行動にも俊敏さを意識するのです。
駅まで歩かないと行けないなら、何も考えずに早歩きで。

 

もし、動かない作業であれば、目の前のものを食い入るように見るといいです。軽くでもいいですけど。ギュイーンと集中しているような感じです

 

なんかこうやって急いだり、目の前のものを凝視していると、「俺、今集中してる!」って感じがします。この、集中してる!って認識が大事です。
とにかく集中している自分に酔いしれ、自画自賛するのが、集中力を持続させるコツです。

 

なんなら自分で周りの人を演じるのもいいです

集中して文章を読んでいる僕に対して、心の中の僕が

「なんという集中力!あれでまだ学生とは・・・・・・」

という風に持ち上げる感じで

 

ちなみに、対人での仕事ではせっかちになるのはやめたほうがいいです。そんなときは目や頭に力を入れましょう。そして集中している自分に酔うのです

 

心の中でうおーっ!と叫ぶ

やる気をとりあえず出したり、集中するためには、せっかちに行動したりする必要があるわけですが、最初のうちはなかなか「集中している俺カッコいいモード」になりません。

そのため、モードに入るまでの間に、「とりあえず集中する」必要があります。

 

その最初にとりあえず集中するために、心の中でうおーっと叫ぶのです。

 

基本的にやる気を無くすのは、体が限界だからではなく、雑念によるものです(再掲)
しかし雑念を振り払うことは自律心のない我々には無理ですので、心の中でうおーっ!と叫び続けることで雑念を掻き消します。

これと近いものに、音楽を聞くというのもありますが、歌詞やメロディが頭の中を占めてしまうと情報が入ってこないとか、音楽を聞ける状況でないと使えない(仕事では無理)などのデメリットがあるのであまり実用的ではありません。

 

ちなみに、心の中の叫びはなんでもいいですが、バリエーションは増やさないほうがいいです。
心の中「うおー!・・・・・・えーっと次は・・・・・・ギュイーン!・・・・・・集中~! ・・・・・・えーと次は・・・・・・」
なんてやってたら集中できません。本末転倒すぎるので何も考えないでできるよう、心の叫びは一つにしましょう

 

目が疲れたら目薬。食事はいっぺんにとらないようにする

朝と同じく、目が渇く→眠くなるですので、作業していて眠くなったからといって脳がつかれているとか、睡眠不足というのではありません。目薬差せば解決します

 

また、食事をいっぺんにとってしまうと血糖値の急激な上昇→急激な減少→眠気
となってしまうので、できるだけいっぺんには取らないほうがいいです。

もし食事が何度も取れないということであれば、できるだけ少量にしといたほうがいいです。
満腹で眠くなるよりかは、空腹で多少意識が持ってかれる方がまだ集中できます。

 


まとめ 結局どうすりゃいいの?

さて、いままで述べたやつをどういう順番でやるのがいいのかというと

 

1前日の夜は、明日の準備とやることをリスト化して早めに寝る

2まだ眠いというのは錯覚。とりあえず目薬差す

3朝やるべきことを一つづつこなす。SNSやゲームは控えめに。やるとしてもめっちゃ集中してやる。

4朝は、できるだけ「動く」こと。外に出るなら早めに外へ出て、早歩きをする。
室内での作業なら、ストレッチと日光を浴びてから作業する


5やるべきことリストを上から順番にに何も考えずにこなす。暇な時は心の中で叫ぶ。

6動く系のタスクなら、できるだけせっかちに動く。動かない系なら、画面や資料を食い入るように見る。

7眠くなったり目が疲れたら目薬。食事はいっぺんにとらないようにする

8休まない。俺集中してるモードをとぎらせない


最後に休まないと書いてあるけど、もちろん課題を片付けたら目いっぱい休み、ダラダラしましょう。無理は禁物。

以上、にーとからでした

広告は有能なのに、関連記事の無能さときたら・・・・・・

 

前回のこの記事

lazyandshortest.hatenablog.com

 

おっなんか★もらえちゃってるじゃないか嬉しい!ちょっと自画自賛に浸るか・・・・・・と思って読んでみたんですよ。

 

読み終わったところに広告があるじゃないですか。(下のはスクショです)

 

f:id:lazyandshortest:20170707160020j:plain

僕ははてなを収益化してないんで、広告とか一切興味なかったんですけど、今回の睡眠というテーマの記事に、ちゃんと合った広告が表示されてたんで、ちょっと感心したんですね。

タイトルから合ったものを推測してるのかなーと

 

しかし、そんな有能な広告の下に関連記事もあるんですよ。

ほうどれどれと思ったらこれですよ

 

f:id:lazyandshortest:20170707160348j:plain

 

ん???関連記事???????

 

前回の記事は健康カテゴリーに入ってるんだから、せめて健康の記事を表示してよ・・・・・・と思いました。

 

さすがに睡眠について長々と語っておいて、関連記事が城姫クエストはないだろ・・・・・・

 

あまり自分のブログを見返さない方はお気をつけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質の良い睡眠とかとれる気がしない

質の良い睡眠をとるための方法って今までいろいろ言われていますが、どうも僕には実用的でないものが多い

 

質の良い睡眠で検索して上位に出てきたこちらの記事を引用

 

the5seconds.com

 

記事の内容に対して、僕が愚痴るという形式でやっていきます

 

※記事の内容に不満があるわけではありません。僕は無理なんだよおという愚痴です。効果がないわけではありません。

 

では、ひとつづつ見ていきましょう

 

 

目次

 

ぐっすり眠れる環境をしっかりと整える

 

わざわざ枕やベッドを買い替えるのはとても面倒なので、シーツの色を変えてみるといったことをしてみることをおすすめします。

人は色でリラックスもできますし、興奮することもできます

 

色でリラックス・・・・・・?

色彩というものに興味0な僕にも効くんでしょうか。

ただ、眠れる環境を整えるのは賛成です。ハウスダストアレルギーなのでベットに掃除機をかけないと鼻水が大変なことになります

 

寝る1時間前までにはお風呂に入る

風呂って毎日入ってます? スポーツマン、バリバリ外周り営業マンとかならともかく、一日のほとんどを家で過ごすような人間は、毎日風呂に入る必要性を感じないんですよね。

今くらいならシャワーを毎日でいいかなって

 

ただ、体温を高めておいて、ちょっと下がってきたあたりで布団に入るといいらしいです。

風呂じゃなくても室内での運動を、寝る1時間前にやっても同様の効果が期待できそう。

運動できるかは置いといて

 

寝る前にストレッチをする

先ほどの運動とかねてやるとよさそうですね。

ただ、運動もストレッチも重大な欠点があります。

 

すごくつまらない

 

という点です。本当につまらないです。退屈です。

運動には音楽が必須な僕です。テンション上げたいのでアップテンポの曲になります。

でもアップテンポの曲を聞いてテンションアゲアゲしちゃうと普通に神経が高ぶって睡眠に悪影響なので詰んでいます

 

 

一応僕がやってるのが腕降り運動です。

gorich.jp

 

引用元はこち

 

私の場合は海外ドラマを見ながらの腕振り運動シャドーボクシングをやっている。時間は1日45~90分。寝る前にやるとぐっすり眠れる。

 

ただ、腕降り運動は結構疲れます。30分もできないような気がする。だるくなってアニメを見ながらでもだんだん面倒になる。

 

シャドウバースみたいな、空き時間が多いゲームと組み合わせてもいいかなー

PCのブルーライトは画面を暗くすることで対処

 

寝る前にPCやスマートフォンを見ない癖をつける

いや、無理。

無理だよね?

 

ブルーライトが睡眠を妨げる~ってのはよく聞きますが、別に直前まで触ってても眠れるし~と思ってたんですけど、どうもすぐ寝付けても睡眠の質は悪いらしいです。

 

僕は朝9時くらいにまた眠くなるし、15時くらいにも眠くなるのでたぶん睡眠の質が悪いんだろうなと思います。

なんで1時間前からはPCとスマホをやめようと思ったんですけど、なんと不思議なことに僕からPCとスマホを取り上げたらなにもすることがなくなる

 

ベストは1時間半腕降り運動をして、30分で明日の準備と寝る準備をすればいいんだろうけど、その規律を守れるほど僕の自律心は育っていない。

縛れば縛るほど無性に麻雀がしたくなったり、Twitterを確認したくなる

 

ノンカフェインの飲み物でリラックスする

特に、香りのいいハーブティーなど、リラックス効果の高い飲み物がお勧めです。

カフェインの入ったコーヒーや健康ドリンクなども眠りを妨げてしまうので、避けたほうがよいでしょう

ハーブティー・・・・・・?

 

ハーブティーはともかく、水を飲んだほうがいいということですね。寝る前にカフェオレを飲んでしまう僕は大バカ者だということですね。

 

出来る限り部屋を暗くする

部屋を暗くして、PCでシャドバをしながら、腕降り運動を1時間半・・・・・・

質の良い睡眠か、視力の低下を天秤にとるときがやってきました。

 

まあとはいえ、Btooomオンラインみたいな視力を酷使するゲームをやらない限りはそうそう視力が落ちまくることもないので、まあいいのかなーと思い増す

 

逆に取り入れてみようと思ったもの

起きたらダラダラしないようにする

 

朝はたっぷり運動をしたり日光を浴びるべきらしい

一理どころの騒ぎではない。

ただ運動はくっそつまら(略

 

仰向けで手足を伸ばした状態にする

リラックス効果があるらしい。手軽なのでやってみてもいい

 

まとめ

 特に寝る前のPCとスマホが無理。多くの人はここで詰んでいるのではなかろうか。

スマホブルーライトカットアプリ、PCは画面を暗くしてるけど、これでブルーライト対策になっているのか

 

ちょっと高いが、PC眼鏡を検討するべきなのか

 

こんなことで悩んでいるのは人生の損失な気もして、ますます面倒に。

そして、翌日累計12時間睡眠して後悔するの繰り返し 

 

ああ質の良い睡眠がとりたい。

翌日は一切眠くならず、向上心と好奇心に満ち溢れ、夜11時くらいにぐっすりお休みモードに入りたい

 

ただ、それだけなのに。

おすすめ方法があったら悩めるにーとに是非教えてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  

 

麻雀はツモが重要(だと思ったほうが長続きする)

麻雀を狂ったように毎日打っていると、次第にモチベが保てなくなってきます。

特に負けていると。

 

また、配牌が悪いと同様にやる気がなくなります。

そこで、麻雀は配牌じゃなく、ツモが重要だと思えば、クソ配牌でもやる気を落とさず打てるようになるんじゃないかと

 

では実際どのくらい配牌とツモはアガリに影響するのか。今日はそういう話です

 

目次

 

配牌は重要?

 

配牌が良ければ和了(上がり)率も高いです

 

doraaka.exblog.jp

 

配牌1シャンテンだと和了率は50%

2シャンテンは40%

3シャンテンは30%

4シャンテンは20%

 

もちろん愚計が多いのか、良計が多いのかも重要ですが、とりあえずテンパイに近い好配牌ほど和了率が高い。

 

でも4シャンテンも20%くらいは上がれてるんですね。5シャンテンも15%

4人で打つ麻雀ですから、平均的な和了率は25%なんですけど、そこよりちょっと下がる程度。

配牌5シャンテンの手が、6巡目になっても3シャンテンのクズ手で、好配牌の親からリーチがきて。一発でツモられる  なんてことはそんなに多くない。

 

ツモはどのくらい重要?

ツモの貢献度を考えるのはデータで考えると複雑ですけど、ちょっと例を出してみると結論が出せます。

 

配牌で和了っていたら、その和了りに対しての、配牌とツモの貢献度はどうなるでしょうか?

配牌が100%で、ツモが0%ですよね

 

ではダブリーの場合は?

先ほどの記事では配牌ダブリーの和了率は70%。

配牌で和了っている場合より、30%和了率が違うのですから、配牌ダブリーが和了れた場合は、ツモの貢献度が30%あることになります。

 

同様に考えて配牌1シャンテンの場合は、配牌が50%、ツモが50%貢献しているといえます。

 

配牌3シャンテンの場合は配牌が30%、ツモが70%

 

配牌5シャンテンの手が和了れたのであれば、ツモの和了りへの貢献度は85%にもなります。

 

さて、何が言いたいかというと、配牌が良いほうが有利ではあるんですけど、配牌が悪いと、ツモの価値が高くなるんですよ。

 

やっぱりツモは重要

数字を並べて、それらしくツモの価値を語ってみましたが、やはり数学が得意ではないので、和了りへの貢献度とか、良く分からないワードが飛び出しましたが、あまり気にしないでください。

 

文系の私が言えることは、「配牌よりツモを楽しんだ方がいいですよ」ということです。

配牌良い→絶対和了れるというわけでもなく、1シャンテンでも50%は和了れません。

配牌が悪い時でも、20%くらいは和了れます。なんだかんだツモがないと和了れないのです。

 

というわけで、どんな配牌の時でもツモるたびに多大な期待をかけて楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

【シャドバ】masterランキング1位を取る方法論

masterランキングで1位になってみたい!注目されたい!名を刻みたい!なんかできそうな気がする!でも実際できるのかな?と思っているお方々へ。

 

masterランキング1位になるには何が必要なのかを計算しといたので、良かったら参考にしてください

 

目次

 

マスター1位に必要なmasterポイントはいくつか?

歴代最高は5月~6月の150101ポイントなので

5月は31日間あったので、5月のマスター1位は一日平均4830ポイントほど稼いでいたことになります
それより少し低めでいいとして、一日に4500ポイントほど稼げばマスター1位になることができそうです

 

一日に必要な試合数とプレイ時間は?

masterランキング=暇人ランキングといわれますが、実際のところどのぐらい試合数とプレイ時間が必要なのでしょうか。

 

一日4500ポイント稼ぐには1日何試合する必要があるか
デッキの勝率を70%としましょう。
100試合で得られるmasterポイントの期待値は 70勝、30敗なので4000ポイントです。
100試合で4000ポイントなので、1試合当たりの期待値は40ポイントになります。

 

 

よって一日4500ポイントを稼ぐためには、4500÷40=112,5 
一日113試合する必要がありそうです

 

では一日のプレイ時間を求めるために、1試合にかかる時間を考えてみましょう


1試合にかかる時間を正確に知りたいので、僕の方でストップウォッチ片手間に計測してみました。

 

使用デッキニュートラルロイヤル
後攻5ターン 2分30秒
後攻9ターン 4分30秒

使用デッキミッドレンジヴァンパイア
後攻7ターン6分
先行10ターン 6分30秒


使用デッキによって大きく変わるという結果になりました(汗)
(ミッドレンジヴァンパイアは5ターン目にバフォメットを出すと、次に出てくる出でる者をどう扱うかということを相手は高確率で長考するので、それが効いています)

まあ、今一番安定して勝利を収めているミッドレンジヴァンパイアで考えますと、
迷わずプレイすることができれば、大体一試合5分くらいとなりそうです。


ということで今回計算するのは一試合五分とします

 では、1試合5分だとすると、113試合にかかる時間は・・・・・・565分 9時間と25分シャドバをやり続ける必要がありそうです

 

まとめますと、まずはシャドバを毎日欠かさず113試合をこなす必要があるということです。時間に直すと9時間30分以上のプレイ時間と体力と根気が必要です。


では、この最低限の条件をこなしてみせるという人は、どういうデッキを使う必要があるかというのをこれから述べていきます。

 

どういうデッキを使う必要があるか

ミスしにくいデッキを使う

勝率70%を維持したまま、約10時間はシャドバをプレイし続けなければならないわけですが、当然疲弊します。

なので、疲れていてもミスのないような、デッキである必要があります。

マリガン基準が分かりやすいと、プレイ時間の短縮にも寄与します。

 

前の環境であれば、ヘクターミッドレンジネクロがそのデッキであったでしょう

今の環境であればニュートラルロイヤルか、ミッドレンジヴァンパイアでしょう。
疾走ビショップも早くて強いデッキですが、相手によってマリガン基準が変わることも多く、その辺でミスが出やすいデッキといえます

 

ミスしにくいという点では、リノセウスエルフでマスターランク1位をとるのは不可能に近いといえます


勝率は65%以上は必要。後は試合数


勝率は必要な試合数とプレイ時間に直結し、マスターランキング1位への可能性に大きく寄与します。

 

先ほど述べた必要試合数とプレイ時間は勝率70%のデッキを使い続けた場合ですが、もうちょっと勝率を落としてみるとそれが良く分かります。

 

勝率65%だと、一試合の期待値は30ポイントになり、必要な試合数は150試合、プレイ時間は12時間30分になります

勝率60%だと一試合の期待値は10ポイントになり、必要な試合数は450試合、プレイ時間は47時間30分になります

 

勝率60%だともう無理だということになります。70%~65%をキープしつつ、後は試合数勝負という感じです
なので勝率の良いデッキを使いましょう。


決着が早いデッキを使う

1試合を5分で計算しましたが、仮に1試合10分かかるデッキを使うなら、1日に必要なプレイ時間は20時間になり、とても現実的ではありません。

一試合7.5分でも現実的ではありません。15時間かかることになります。

決着の速さは重要視すべきです。そういう意味ではミッドレンジヴァンパイアはよほどロイヤルより勝率が良くなければ、決着の速さ分、ロイヤルに劣ります

現環境なら何がお勧め?

ニュートラルロイヤルでしょう。

ミスの少なさ、勝率、決着の速さどれをとっても間違いなくランキング向けです

 

一応僕が使っているニュートラルロイヤルのデッキを置いておきます。

f:id:lazyandshortest:20170704000350j:plain

 

シンデレラ→グリームニルでもいいですし逆でもいいです。なんだかんだグリームニルの方が活躍してる気がします

 

まとめ

勝率65%以上のデッキで、一日12時間以上ランクマッチを1カ月し続ければマスター1位をとれます。

 

そしてデッキ選択で大事なのは、決着の速いデッキであること。一つのデッキを使い続けることです。どちらもプレイ時間の短縮に寄与し、ポイント効率が上がります。

 

マスター1位を目指そうという人は修羅の道ですが頑張ってください

 

 

理想の死に方

僕は死ぬのが怖い。就活してない。内定0。バイトもしてない。大学卒業まであと6か月というなかなか阿呆に見える状況でありながらも、今まで生きてきた中で一番自由で、一番幸せだと実感している。

 

しかし幸せを感じまくると死を意識してしまうようになった。僕の今の幸せが壊れるとしたら戦争がくるか、世界が氷河期に襲われるか、僕が死ぬかだからだ。

一日に一回は、死んだ「後」が頭の中をよぎって、どうしようもなく不安になる。

 


以前死ぬことの恐怖に関しての対処法として、不老不死をあてにするという記事を書いた。

lazyandshortest.hatenablog.com


僕は死の恐怖をなんとか紛らわせられないかと時々対策を考えていたりするのだが、その一つとして、理想の死に方を考えるというものがある。

 

いつも死んだらどうしよう。死ぬのは怖いと無限ループで考えても仕方ないというか、実りが薄い。

たまには死ぬとしたらと考えてみて、「こういう死に方ならありだな」と思えるものがあれば、死の恐怖に対抗で着るんじゃないかと

 

というわけで、たまには理想の死に方を考えてみましょう

 

目次

 

なぜ死ぬのが怖いのかを考えると理想の死に方も分かる

 

死が怖い理由は人それぞれなので、ここでは私の理由を述べる

 

私は「意識が永遠になくなる」のが怖い

「意識がなくなること」そして、「永遠に」というところがポイントである

 

意識がなくなるだけならそんなに怖くない。明日目覚めるだろうという安心感に身を任せながら全く力が入らなくなるのはむしろ心地いい

そして、意識が残るのなら仮に身体がなくても怖いとは思わない。仮想現実で第二の人生を送れるなら死は怖くない


というわけで、意識がなくならなかったり、永遠に死ぬわけでないと確信して死ぬのが一番怖くなさそうだ

どういう死に方だよと思うので具体的な事例を考えてみよう


意識がなくならならずに死ぬケース

仮想現実世界に意識を移植して死ぬ

科学の進歩よろしくという感じだが、あと50年くらいでなんとかならないだろうか。
「体も不自由になってきたし、そろそろ死んでくるわ」みたいな軽いノリで頭に意識転送装置をつけて、ふっと眠気がやってきて目を閉じたら、次の日あたりには仮想現実の家の中にいる。みたいなのがいい

 

ロボットに意識を移植して死ぬ


また移植かよと思うかもしれないが、仮想現実よりまともかもしれない。仮想現実は誰が世界を作るの?管理するのという問題があったかもしれないが、ロボットに意識を移植してこの世界をロボットの体で生きるようにすればいい。

 

食べ物も飲み物もいらず、メンテナンスは自分ででき、自分のほかにも意識移植済みのロボットがいる。
たぶん自分はお金がないだろうからポンコツなブサメンロボットしか手に入らなくて、ロボットになっても自分はなんてイケてない存在なんだと悩みつつ、ブサメンロボット同士で仲良くなるのかもしれない。

そういう死に方がいい。もう死んでないのではという気もするが


永遠に死ぬわけでないと確信して死ぬケース


たとえば100年後に蘇生するのであれば待てないこともない。長いけど、永遠に死なないならだいぶ楽になると思う

さて、ではどういうケースがありえるか

 

人体冷凍保存

現代にもある方法として人体冷凍保存という方法がある

www.gibe-on.info

 

いつか不老不死の技術がくることを夢見て、それまで人体を冷凍保存してもらうというものだ。

ただ、引用した記事によると冷凍保存してもらう施設にはお金がかかる。

研究所によるが290万~2000万ほど。ちょっと宵越しの金を持たない主義の僕には厳しいか。もうちょっと安価になってくれるといいが

 

お金よりも深刻な問題がある。

未来において冷凍保存された自分を誰が助けてくれるのだろうか。という疑問も残る

・・・・・・大金払ってるんだから助けてくれるよな? ちょっと詳しいことは分からない。

詳しく調べて、助かりそうだという確信を持てたなら死の恐怖を和らげることはできるかもしれない。


生まれ変わりが科学的に証明される


僕は生まれ変わりを信じていない。自分の前世の記憶が全くないからだ。
さらにいえばたとえ生まれ変わったとしても「僕」という存在や意識は全くなくなるのであればあまり意味はない。普通にぞっとする

 

そんなわけで生まれ変わりを全く信じていなかったわけだが、「生まれ変わり 科学」などと検索するとそこそこ本が出ていたりする。宗教がらみというわけでもなさそうなので今度読んでみようかと思う。

 

もし生まれ変わりが科学的に解明されて、生まれ変わっても自分の意識を保つ方法などが出てくれば結構面白い。


「死にそうになったときに生まれ変わり先を強く意識すれば生まれ変わり後も意識が残る」 とかであれば面白い。めっちゃ生まれ変わりを信じて、希望を抱いて死んでいける。


霊の存在が科学的に解明される

生まれ変わりはともかく、霊というものはあると聞く。僕は霊感がないので全く実感がわかないものの、死んだあとの意識=霊みたいな感じであれば、意識がなくならないので怖くない(ような気がする)
ただ、さすがに霊について全くの無知であるので、霊はある。死後の世界はあるというのが科学的に肯定されれば、僕はちょっと安心して死んでいける

 

おまけ   死を考えまくって、いずれ飽きて受容するようになる

 

死の受容モデルというものがある。

kaigolab.com

 

1 僕が死ぬだって!そんなばかな! 

2なんで僕なんだ!

3どうにか死なない方法はないか?

4いくら頑張って死ぬのか。つらっ

5死ぬのは仕方ないな。あきらめよう

 

という段階をたどるらしい。この記事は第三フェーズくらいの人向けだということになる。

僕は1年前くらいまではずっと、何で僕が死ぬんだ!状態。つまり第2フェーズ以下だったわけだが、少し前あたりから第3フェーズに移行している。たぶんずーっと第2フェーズの愚痴をこぼしていたので自分の中でぼんやりと結論ができたんだと思う。

 

よくあるイメージは「余命宣告→第一段階と第二段階をめっちゃ意識する。→整理しきれずに死ぬ」というパターンだ。

しかし早めに死について考えておくことでいざ、自分が死ぬ間際になったときには、「死について色々考えつくして、死を受容した状態」になっている可能性もある

 

これは死に限らず、あらゆる興味にも通じるものがある。

例えば、僕は子供のころから食について関心がないというわけではない。小学生のころは「食べ放題」とか、「バイキング」とか、寿司、ステーキ、メロンといった言葉に魅了されまくっていた。

最近はまったく興味がない。時々食べてあーおいしいなーってぐらいだ。食に関しては自分の中で受容がなされたのではないかと思う

 

こんな感じで死を受容して死ぬこともあるのではないか。それなら大して怖くなくなるのではないか  と思う

 

一般的には正解とされるが、僕は疑問に思う生き方、死に方

すうっと意識がなくなって、快楽のうちに死ぬ

人によっては、風呂に入ったまま脳の神経がぷつっと切れてそのまま意識が切れて死ぬのがいいという人もいるが、僕は普通に嫌だ

意識が永遠になくなることに変わりはない。

いくら快楽を得ようと、美少女に囲まれて死のうと怖い


やりたいことをやりきって死ぬ

死ぬ前に後悔はしたくない。やり残したことはないようにしたい。という考えをよく聞くが、僕はこの考えに一部共感できないでいる
やりたいことをやりきったから、もう死は怖くないというのが信じられない。

 

そもそもやりたいことがなくなるなんてことはあるんだろうか。
もしかしたら10年後新たな楽しみが見いだされるかもしれないのに、やりたいことリストを埋めたからもういつ死んでもいいってなるだろうか

 

僕はたぶんならない

きっと永遠に意識がなくなることの対処法が見つからなければ、いくら裕福に生きても、楽しく生きようと、僕は死の間際、悔いを残して死ぬことになりそうだ。

 

まとめ

死に方に関してはあまり参考になってないかもしれない。ほとんどが不老不死みたいなものだったから。僕が正直に書くとこういうのしか思いつかない。

まあいろいろ書いたけど、現実的なのは「死を考えまくって飽きる」ってことだと思う。

死ぬことなんて考えたって仕方がないと言う人もいるが、死について興味を持っているうちは、どんどん考えるべきだと私は思う。

その思考活動にこの記事が役に立てば嬉しい

 

以上、にーとからでした