読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に生きる

ずっと夏休み

BTOOOM!オンラインを低速回線で勝つためのコツ

BTOOOM!オンライン

STAGE5に到達して、記事も書けるだけ書いたので、少々BTOOOM!オンラインへの熱が冷めていた。

しかしランキングごとに報酬をくれるらしい。3000位なら1000B玉。

欲しい。きっとBTOOOM!オンラインも無課金を貫いていくであろう僕にとってB玉は貴重だ。

しかしこのまま勝ち抜いていくには、僕にとって険しい壁がある。僕は固定回線を持っていないのだ。

 

目次

 

はじめに ー  固定回線を持っていないと操作性に差が出る(らしい)

 

僕の回線スペックは格安SIMでおなじみのmineo。あれを低速モードで使用している。よく通信制限かかったっていわれる速度のはずである。

僕は通信速度とか回線とかほとんど無知であるが、どうも光回線のような高速固定回線とmineoの低速回線ではだいぶ操作性に違いが出てくるらしい。(弟が言ってた)

動きが違うらしい。個人的にはあまりカクカク感はないのだけれど、まあ高速でやったことがないのだから分からないだけかもしれない。

 

僕は来月あたりから固定回線を引くつもりだが、3月30日までにBPを増やさねばならない。

今までも低速回線の不利をできるだけこうむらないように立ち回りを意識してきたが、これからもより意識していく必要があるだろう

そこで今回の記事では低速でBTOOOM!オンラインをやっている同志向けに、回線のスペックを影響させないためにはどう立ち回るかを述べていく

 

 

コツ0 端末は熱くないか?  連続で戦闘するのは避ける

 

スマホに、回線に無理をさせているからなのか、BTOOOM!オンラインを長時間していると僕のスマホは熱くなる。

するとどうなるか。なんと移動カーソル(MOVEカーソル)が効かなくなる。

具体的には走れなくなる。常にスタミナが切れたかのような走りになる。こうなると入賞は無理。

 

スペックに無理がある人は、常にスマホの状態を気にしよう。特に充電しながらやると死が待っている。プレイしないときは充電しておくといい。

僕の場合、4回戦闘して、30分スマホを充電し、また4回戦闘しという流れになっている。

 

コツ1 打ち合いの戦闘はとにかく避ける

 

序盤に相手がBIMを投げつけてきてもブチぎれて応戦してはいけない。

これは僕が一番気を付けていることだ。

どうも打ち合いの戦闘では分が悪く感じたのだ。こちらのBIMは10ダメージで、向こうのBIMでは即死ということが多かった。

低速回線プレイヤーの基本は背後であったり、物資をとっている最中の相手を隠密で倒すことだと意識すべきだろう。

 

コツ2  STAGE10とかの超格上がいるときは、トラッカーを選択

 

超格上は、エスケープ確殺タイマーキルの技術を持っている可能性が高く、序盤でバンバン、キルしていくので、それにつかまらなければそのままおこぼれで入賞することがある。

そして低速回線の我々はエスケープ確殺の標的になりやすい。だって反応が遅いんだもの。

そのため、ウォーカーで序盤に資材を取りに行くという王道戦法ではなく、できるだけ隠れやすそうな場所に潜み、戦うことはほとんどせず、物資を回収するという方法をとる。

 

 

コツ3 一発で倒せるときだけBIMを投げる

 

ウォーカーでもトラッカーでも一緒だが、打ち合いの戦闘では大体負ける。

フレイムを持っていても、狙いが定まらず負ける。

なので基本は物資や資材回収でチップを生成し、対面してしまったら全力で逃げ、隠密キルが狙えそうなら狙っていくという戦法をとることになる。

そして、隠密キルのときにも、勝手に標準があってくれることを期待するのではなく、あわてずに狙いを定めてから投げる。

少しそれて15ダメージは失敗だと思ったほうがいい。

キルしなければ、気づかれて負けるからだ。

一発で仕留めるという意識を持つことが大事だと思う

 

コツ4 電源レベルとスタミナ系のスキルを上げる。

 

低速回線の我々は、とにかくBIMに当たりやすい。なので電源レベルを上げて体力を増やし、死ににくくするのはとても重要だ。

さらに、対面したとき全力で逃げるというのが、この戦略の要になっているので、スタミナ系や、ウォーカーであれば移動速度系のスキルはできるだけ組み込むことをおすすめする。