読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほどに働いて家賃払って月5万で生活する

※就活や正社員を否定するわけでも、豪華な家に住むことを否定しているわけでもありません。お金を湯水のように使う生活もいいと思います。

 

 

目次

 

 

固定費を削減すれば、その分働かなくて良くなる

家を引っ越して、月5万円の物件から月2万円の物件に変えるだけで毎月3万円支出が減る。

3万円分働かなくて良くなる。

携帯を格安SIMにして・・・・・・
車は処分し・・・・・・

自分にとっていらないものをどんどん削っていくと、自分にとって快適な生活を維持するのにそこまでお金はかからないということに気づく


固定費を削減して自由に生きる道を模索する人たち

この考えは僕の頭の中で生まれたものではない。固定費削減を提唱した先人たちは数多くいて、その中でも参考になった方を紹介する

 

寝太郎さん

寝太郎ブログ


固定費を極限にまで減らした方で有名なのは、小屋を建てて住んでしまうライフスタイルを提唱した寝太郎さん
著書のBライフでは安く土地を購入し、自分で小屋を建てているので、家賃は発生せず、生活費は月2万円で収まると主張。

著書も3冊あり、寝太郎さんに影響を受けて小屋暮らしを始めてみた人も多い。

現在は小屋暮らしをしていない

 

 

くらげねこさん

 

neet3.hatenablog.jp

 

フリーターブログを探しているときに見つけた、有名なフリーターブロガー

大阪の安い賃貸物件に住んでいるらしい。

 


大原扁理さん

年収90万円で東京ハッピーライフとか、20代で隠居 などの著書がある

確かインタビュー記事とかがあったはず。

あんまり働かない、ゆるい生活をネットで調べると出てくる。

 

 

今は生活実験的な試みがネットに多く出回っている。自分に合いそうなライフスタイルを選んでいけばいいと思う

 

 

 


月2万円のBライフは僕には無理です。でも賃貸借りて月5万ならいいかもしれない

土地探しと小屋立てるのが面倒。プロの建築家が建てた頑強な家と、水道電気は普通に欲しい。
さらに、一生住み続けられる土地を見つける自信がない。途中で、「なんかちょっと違うな」ってなると思う。特に夏熱くて厳しいとかあると思う。


でも賃貸なら「違うな」って思った原因を模索しながら住みかを転々としていける。もちろんインフラは整っているし、家が壊れることはない。

子や暮らしを批判するわけではないが、多くの一般ピーポーな方々は、小屋はちょっと・・・・・・という感じなんじゃないだろうか
というわけで、普通に生活したい人にも固定費削減はできるよってことを今から書いていく

 

月5万円で生活できる 大阪で月45000円で生活できると主張するしゃどみさん

syadmi.hatenablog.com

 

その際の毎月の生活費は

 

家賃16000円

電気代2000円

水道代2000円

ガス代2000円

携帯代2000円

ネット代3000円

食費10000円

雑費5000円

交通費3000円

合計45000円

 

でいけます。

 

支出の詳細は記事を参照してほしい。

 

この記事で一番批判されている点は、住居に関するものだった。家賃16000円で大阪市内に住めるなんて信じられない。おとり物件や事故物件じゃないのか?確認したのか?など
しかし近年ではおとり物件に関して厳しい罰則があり、自分も安い物件を見て回ったがおとり物件であったことはほとんどなかった。


LIFULL homesで家賃上限月3万、管理費共益費込み、賃料が安い順で検索すると、そこまでぼろくもない物件が月2万円以下で貸し出されているケースも珍しくない。

 

いくつか見つけた物件を挙げていく。画面の都合上間取りの下部分が切れてしまっているが、参考になればと思う


大阪市

f:id:lazyandshortest:20170425135531j:plain

 

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425135658j:plain

 

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425135817j:plain

 

 

 

 

福岡市内

 

f:id:lazyandshortest:20170425140013j:plain

 

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425140249j:plain

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425140534j:plain

 

 

 

札幌市内

f:id:lazyandshortest:20170425140711j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425140752j:plain

 

 

愛知市内

 

f:id:lazyandshortest:20170425140917j:plain

 

 

 

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425141018j:plain

 

東京都内

 

f:id:lazyandshortest:20170425141300j:plain

 

 

f:id:lazyandshortest:20170425141342j:plain

 


さすがに東京は厳しいが、それでも23区外であれば、なくはない。

 

家の周辺にアルバイトの求人が複数あれば、駅近にこだわらなくてもいい。

地域によっては住宅の供給が少なく、月2万以下の物件がないところもあるだろうが、人工が多い都市の多くではこのような安い物件が結構ある。

 

 

 

 


週3六時間。ほどほどにアルバイトをして生きるという選択肢

 

物件がないという批判が解消されるのであれば、しゃどみさんの計算通り、月45000円で生活できそうである。少し余裕を持たせて月5万円で生活することも可能だろう。

 

こういうことを考えると、いや貯金が全くできないじゃないかとか、老後はどうするんだとか、そういう疑念が沸きあがるがその点も心配しなくていいような気がする。

 

365日のうち、週3で働くと156日。
時給900円で6時間働くと、年間84万ちょっと

月5万円で生活するなら生活費は年間60万。

年間で24万円貯金できる。


仮に就活をしないでフリーターになって22歳から働いたとして、60歳になるころには912万の貯金ができます

これは15年分の生活費にあたります。老後もそこまで不安ではないですね。15年分じゃ不安なら週2とかで働いてもいいですし

 

 

自分の幸せとは何かを一度は考えておくと、逃げ場を確保しやすい

電通の自殺問題はまだ記憶に新しいです。本当にみんな一生懸命働きたいんでしょうか?正社員じゃなきゃお先真っ暗なのでは?という不安から嫌々働いてるんじゃないだろうか


自分のやりたいことに、月収20万とか、年収500万とか必要ですか?

満員電車に乗らなくてよかったり、寝たいときに寝て、食べたいときに食べ、なんか違うなと思った職場ならすぐにやめ、好きな本とかブログとかを読みふけったり、一日中麻雀やってたりする
そんなことが出来れば十分幸せだったりしませんか?

 

自分がやりたい生活は、最低限いくらお金が必要だろうかと考えておけば、一般的にはありえないとされる行動も自分の判断で行えるようになると思います。
就活したほうがいいよとか、結婚はどうするんだとか、年収300万ないと生きていけないとか、そういう情報に振り回されなくなって、嫌なら嫌だといえるようになるんじゃないかと思います。

 

なんか最後は偉そうな感じになりましたが、去年まで僕も正社員になって働かないといけないんだと思っていたほうなので、過去の自分にいうならこんな感じかなと思って書きました
なんか自分がやりたいことと違うんだけど・・・・・・と悩んでいる僕と似たような方に参考になれば幸いです