読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一つのことに集中すると日常生活がおぼつかなくなる人はタスクリストを作成しとくといいですよ

本当なら没頭できることがあるなら、ずっと没頭していたいわけだが、どうしてもやらなければならない日常の行動というものがある。

特に誰かと共同生活をしている人であれば、自分がやらない(やり忘れる)ことで迷惑がかかる分、そう好き勝手もできない

 

器用な人は趣味の時間を決めてその時だけ没頭し、それ以外の時間はやるべきことをこなすということができるのだろうが、僕も含めた不器用な人種はそういうことができない。何かに集中しだすとずっとそれをやっていたい気持ちにかられるし、また一つのことで頭がいっぱいになりすぎて、「今日は何をしなきゃならないんだっけ?」とタスクを忘れがちである。

 

そういう人は日常でやっておくべきことリスト(タスクリスト)を一度作成しておくと、器用な人と同じくらいやるべきことをやれるようになるのでお勧めです。

今日はそんなお話

 

目次

 

タスクリストってどういうの?

 

f:id:lazyandshortest:20170517234639j:plain

 

僕がつくってるのはこういうの。

 

びっしりタスクが詰まってる! ・・・・・・ように見えるが一つ一つの項目を見てみるとまあ大したことではないことが分かる。

 

顔を洗うとか、歯磨きとか忘れないだろ(笑)と思う方もいるだろうが、結構忘れます。

あとストレッチとかも割とやったほうが体調がいいんでやってるんですけど、ストレッチ中は退屈なのでこうやってリストにしておかないと忘れがちになります。

 

使い方

 

日常することを細かくリストアップしておき、上から順番にやっていきます。やりおわったら丸を記入します。(また、その日にやらなくてよくなった場合もやり終わったことにして丸を付けます。ゴミを出さなくて良くなったとか)

次はこれをやるというのが明確になるので余計なことを考えずに日常のルーチンワークに取り組めます。

 

また例にもありますが、22時以降にやることというのを設定していくのもいいと思います。夕飯を食べた後でないと夕飯の食器は洗えませんからね

 

毎回タスクリストを見るためにPCを開くのが億劫な人は、このタスクリストを複数印刷しておくといいと思います。んで、紙を見ながら、終わった箇所に鉛筆で丸を付けていけば楽にできます。

 

タスクリストの効能

やるべきことがしっかりできるようになる

時には羽目を外すのもいいですが、なんだかんだ規則正しい生活ができると気分がいいものです。

俺は正しい毎日を送ってる!感があります。

逆に不規則な生活は自信を無くさせるような気もします。科学的な根拠はないんであやふやなですが

またやるべきことがきちんとできないことによって、人に迷惑をかけることも減ります。

 

頭の疲弊に効く

次は何をやるんだっけ?とか、朝のうちに何をすべきかとか。一五時には米をといでおかないとなとか

そういう毎日のルーチンワークを頭に入れておくのは結構面倒なことです。そういった覚えなくてもいいことに頭を使うのはなんかもったいないような気もします。

僕はなんでもかんでもリマインダーというアプリにセットして、機械に思い出させてもらう毎日を送っていますが、そのおかげで覚えてなきゃ・・・・・・というプレッシャーから解放されてとても楽になりました。このタスクリストも似たような効能を発揮します。

 

持ち物チェックリストも同様の手順で作成できる

 

 

f:id:lazyandshortest:20170518000530j:plain

 

こんな感じ。まあ全部バックに入れておいて、毎日同じバックを持っていくほうが楽でいいかもしれませんが、チェックリストを作成しておくことで、駅で忘れ物に気づいてうんざりしながら家に戻るなんていうことがなくなりました。

特にスマホや折り畳み傘(使った後に干して忘れる)には効果を発揮します。

あと定期を使った後ポケットに入れっぱなしなことがあってバックに入ってないという場合にも、有効です。

 

まとめ 

普段やらないこととか、大事な用事とかを忘れないようにタスクリストなり、スケジュール手帳なんかに書きこむのは割とよく見る光景ですけど、日常生活のルーチンワークをひとつずつリストアップする人はあまりいないように感じます。

でも一方で僕みたいに、日常生活おぼつかない。だるいみたいなひともいるでしょうし、そういう人はもうある程度自分の脳で処理するのはあきらめて、タスクリストに頼るのもいいんじゃないかと思います。