にーとの効率化

ずっと夏休み

SEIYU倉庫館が終わった・・・・・・

 

愛すべきSEIYU倉庫館を振り返る

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

 

以前この記事を書いた。僕がSEIYU倉庫館を手放しでほめた点は以下の二つだった。

・配送エリアがとても広い

・買い上げ金額が2000円以上で送料無料

 

「ネットスーパーは便利だけど送料がかかるから、やはり貴族御用達。」

「そもそもネットスーパーの配送エリアにない。近くに配送センターがないとダメじゃん」

そういったネットスーパーの常識を見事に打ち破ったのがSEIYU倉庫館だった。

生鮮食品が買えない、家に届くのが4日~1週間後 などという便利さでは劣るものの、手軽さでは随一なネットスーパーだった。

 

しかし、SEIYU倉庫館は「ビッグセーブ」という物に変わってしまった。

 

全然手軽じゃないビッグセーブ

 

ビッグセーブの特徴はすでに分かりやすく書いてある記事があったので引用する。

 

umagoya.xyz

 

大きな変更点は、送料無料になる買い上げ金額が5000円+税に増額されたことだ。

配送エリアは広いままであるが、5000円で無料なら他のネットスーパーと変わらない。

少なくとも僕のような一回の買い物でドカッと買わない人には使えなくなったといっていい。

 

買い物効率化の希望の星が消えた

生鮮食料品も買えるし、当日に届くような異常な便利さは、SEIYU倉庫館になかった。

しかしその分、手軽さは増し一人暮らしで金もあまり使わないような貧乏人にもSEIYU倉庫館は優しく平等に米や調味料を届けてくれた。米は本当にありがたかった。

こんなネットスーパーがもっと普及すればいいのにという期待を込めて記事を書いたわけだが、残念ながら変わってしまった。僕はまた重い米を買いにスーパーまで行かねばならない。

重いものはネットスーパーで届けてもらうというのは買い物効率的にとても良かった。SEIYU倉庫館はそれを広く提供する存在だった。

もちろん配達する人が届けてくれるからこそ買い物の効率化がなされているの理解している。配達員さんには頭が上がらないし、日時指定ができるのから再配達を有料化するのは一向に構わない。だが、2000円の基準はあげないでほしかった・・・・・・

 

まあネットスーパーが便利だったのは間違いない。SEIYU倉庫館は独り暮らしにはお勧めできなくなったが、まあ5000円くらい買うよって人にはネットスーパー全般の利用をおすすめしたい。