にーとの効率化

ずっと夏休み

連絡手段は全部LINEでいい

連絡を取る手段はメールと電話が主流なわけだが、もうLINEが普及したのだからLINEで連絡をとったほうがいい。とりあえず電話とメールの不都合を挙げてみる

 

メールの不便さ

通知機能がつけにくい時点で不便

メールは確認しそびれることもあるし、そもそもメールが来てもいないのに毎日定期的にチェックするのもだるいというか、不合理だと感じる。

 

迷惑メール

あと迷惑メール(というか、登録はしたけどもう情報いらないところからのメール)を簡単に拒否できないのも使いづらい。受信者ごとにメールがわけられていないのも見づらい

 

一文が長くないといけない感

気軽な文を作成しにくいのも使いづらい。あいさつと締めの言葉を入れて、かつそこそこ伝える内容がないとわざわざメールチェックしてもらって、返信してもらうのも申し訳なくなる

 

メールアドレスを交換するのも面倒だ

 

電話が不便な理由

電話がいつでも取れると思ったら大間違い。

僕はなかなか相手からの着信を受け取れない。

ああー電話来てたのか―。とすごく落ち込む。テンションだだ下がる

もちろん相手も不在なときがある。たとえ電話に出てもらえたとしても、都合が悪い時かもしれない。そう思うだけでも電話はかけづらい

 

そもそも電話のコミュニケーションが無理

テンポよく、伝えたいことを相手に的確に伝える必要がある。相手に時間を割いてもらっている感が半端ないし、こちらも瞬時に的確な言葉が出てくるわけもない。

 

やっぱり声での連絡じゃなくて文字での連絡がいい。記録にも残しやすいし

でも、文字での連絡手段であるメールだとリアルタイム性に乏しくて、細々としたやり取りができない。そこで電話の出番というわけだったのだが、もうLINEでいいよね?となる

 

050電話に厳しい

あと僕は050電話を使ってるんだけど、音質が悪い時があって、相手に「お電話が遠いようで」といわれてしまう。とても申し訳なくなる。でも電話を頻繁に使うわけじゃないから、電話基本料金はケチりたいんだ。分かってくれ。この音声の途切れの問題もあって、どんどんコミュ障には電話がかけづらくなっている

 

唯一電話の利点としては、声が聴けることだろう。連絡手段としては声が聴けることはあまり意味がなさそうだが

 

もうLINEにしようぜ

なんでそう思ったかというと、バイトの応募を全部LINEにしてほしいと思ったからだ。

働いている人でスマホを持っていない人はそんなに多くない。LINEで十分できるはず。

上記のような不便さをLINEはすべて解決している。そりゃ広く普及するはずだ。

ではなぜ、連絡手段としてLINEは普及しないのだろうか。

LINEバイトというものは今盛んに宣伝されているわけだけど、求人数が少ない。僕も強自分の駅近くで検索したけど良く分からない怪しいバイトしか載ってなかった。普通のコンビニバイトとかないんかい。

 

Webで応募するのは楽だけど、履歴書も作るのだるいし、電話の連絡を待つのもだるい。履歴書は百歩譲っていいにしても、連絡手段はLINEにしてくれ。頼む。そんな記事でした