にーとの効率化

ずっと夏休み

【天鳳攻略】ながら打ちしないための4つのコツ

天鳳を打つにあたって、なにかをしながら打つ「ながら打ち」は、しないほうがいい。

すべてのリソースを天鳳につぎこめと多くの強者が述べているし、僕もそう思う。

 

しかしながら、どうしても長く麻雀をやっていると惰性で打ってしまうときがあり、そんなときにながら打ちをしてしまう

 

僕は本気で天鳳に集中したいのに・・・・・・

今日はそんな人向けに、僕が「ながら打ち」しないために気を付けてきたことを書いておこうと思う

 

目次

 

モチベの低下を感じたら天鳳から離れる

ずーっとモチベを維持できる人はいない。どれだけ麻雀が好きでも嫌になることはある。

そんなときは天鳳から離れよう。

よくラスを引いたら休めというセオリーがあるが、ラスを引くというより、モチベのほうが僕は大事だと思う。

 

関心の薄いのに「集中しろ」といわれるのは苦痛なはず。ちょっとアニメなり動画を見るなりして、天鳳をやろうと思えたらまた向かえばいい

 

 

スマホは通知を切って別の部屋へ

ネットサーフィン、SNS、ゲーム

スマホは「ながら打ち」の温床。絶対に手元においてはいけない。通知が鳴ったら気になってしまうので通知も切る。

 

リーチ後はストレッチ

リーチする

→漫画を持ってくる

→次の局に入っても読み続ける

→「ながら打ち」

 

リーチ後に暇だなーと感じるんじゃなくて、何をするか決めておくといい。

天鳳はずっと座ってると体がだるくなるので立ち上がったり、背伸びをしたりすると体のメンテもできてちょうどいい

 

一時期は筋トレをしていたが、しんどくなって漫画に走ってしまうので筋トレができない人にもちょうどいい

 

パソコンの検索エンジンをなくす

windows版の天鳳をやっているときこういう画面になっていると思います

 

f:id:lazyandshortest:20170816191038j:plain

 

天鳳の画面が全画面なので、デスクトップ上のものは、天鳳を閉じないといじれないので、ネットサーフィンしながら・・・・・・なんてことはできないように見えますが、

下のバーを見ると、グーグルクロームのタブが出ています。

 

これがあると、ながら打ちが出来てしまうんですね。

さすがにpcを遠くにやっては天鳳ができないので、バーのところから、検索エンジンのタブは外しておくことをお勧めします。

これで福地誠ブログ(天鳳の有名ブロガー)と、天鳳を行き来する・・・・・・なんてことはなくなります。

 

まとめ

天鳳で好成績を残すのが目的なら、ながら打ちは避けたほうがいい。

人によってながら打ちしてしまう原因は様々だと思うが、その原因を掘り下げて対策をとれば必ず成績は向上する。

前述した原因でながら打ちしてしまう方には、本記事が参考になれば幸いである