にーとの効率化

ずっと夏休み

【天鳳攻略】運が悪い時のモチベの上げ方2つ

一時期はレーティング1位、10段まであと少しというところまで来ていた僕

f:id:lazyandshortest:20170822175717j:plain

 

流れはきている。このまま天鳳位までノンストップ!

 

 

f:id:lazyandshortest:20170822175821j:plain

 

4連ラス。

 

 

f:id:lazyandshortest:20170822175906j:plain

 

レート1位→69位

 

ポイント3405→2265

 

うわあああん もう麻雀やめるー!

 

 

 

運が良い時の麻雀はとても楽しい。特に工夫しなくても集中できるし、打数も稼げる

 

運が悪い時の麻雀はとてもクソゲー。クソすぎてやる気でないし、集中してもラスる

 

天鳳において一番重要なのは技術よりモチベーション。

でもやっぱりラス引くと落ち込む。それは人間なんで仕方ない。

 

もう天鳳やりたくない・・・・・・ってなったらさっさと休むべきだと主張する強者もいます。とりあえず僕の好きなブログから引用

一番重要なのはおそらくモチベーション、俺は麻雀が打ちたい!打ちたい!これです。これが一番重要、やる気がねーやつはしこって寝ろ。その次に体調ですね、麻雀打ちたいけど風邪引いててぼーっとする。睡眠不足だけど今日の負けを取り戻したい!そんなやつはしこらず寝ろ。

言葉 - 天鳳 おじさん 麻雀

 

僕はラス引くと大抵寝てるので、ここ最近は1日中惰眠してたりするわけなんですが、

さすがに寝すぎてて、もう眠れません。

 

「ラス引いても眠れない! 天鳳のモチベはないから打ちたくない! 

でも天鳳以外にしたいこともない! 退屈!」

ってなります。 そういう同志も多いでしょう。

 

というわけで我々天鳳ユーザーは不調に陥ったとき、即座に失ったモチベを取り戻し、再び天鳳の予約ボタンを押さねばならないのです。

 

じゃあどうやってモチベを取り戻すのか。僕は大きく分けて二つ方法があるんじゃないかと思います

 

 

休む

まあとりあえず基本。

眠かったり、唐突にアニメが見たくなったら天鳳から離れましょう。

 

戦術書を読む

休みたくねえし、でも天鳳以外やることがない・・・

という場合は、その行き場のないエネルギーを麻雀の勉強に費やすことをお勧めします。

 

麻雀の上達方法は、強者の牌譜検討、観戦、Twitterの何切るに答えるなど様々ですが、それより手っ取り早く「俺、上達したんじゃね?」と思える方法は戦術書を読むことです。

 

僕が最近読んだものだと

1.絶対にラスを引かない麻雀 ~ラス回避35の技術~

とか、

2.鉄押しの条件

などがあります。

 

ラス回避の局面で悩むことが多いと感じれば、1を

押し引きで悩むなら2を読むと、今までのもやもやが晴れて、

「ちょっと実戦で試してみたい」って気持ちが湧くでしょう。

 

まとめ

絶対にラスを引かない麻雀 ~ラス回避35の技術~

のあとがきには次のような一文があります

 

さてみなさん、本書を読んだ後は「天鳳」を打ちたくなるだろう。いや、打たずにはいられないだろう。少なくとも2ステップ以上進化した自分を確かめたくなるのは言うまでもない

 

この通りなんですよ。確かめたくなるんです。

モチベーションの回復という意味でも、戦術書は役に立ちます。

1冊1500円とかするんでちょっと高いけど、どうせ天鳳しかない今なんですから、奮発してもいいんじゃないかと思います。

 

悩んだ局面について、戦術書を読んで解決→進化した自分を確かめようと天鳳を打つ→悩んだ局面が生じる→戦術所を読んで・・・・・・

 

そういうのを繰り返していくうちに不調の時期が終わっていれば、自然と成績はついてきます。