にーとの効率化

ずっと夏休み

週3日、一日6時間労働は可能か?

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

この記事で、「週3、一日6時間だけ労働して、後の時間はのんびり過ごせばいいじゃん」的なことを書いたんだけど、当時はまだ働いてない学生ニートだったので机上の空論な部分があった。

 

それが、「週3、一日6時間という、ほどほどな時間で働ける仕事ってあるの?」というものだった。

 

雇用者の本音からすれば、

人の管理が面倒なので、できるだけ週5で入ってほしい

とか

人手が要るときには来てくれ  暇な時はいいから! というわけでお前は来月週1で頼むわ!

 

みたいなことがあってもおかしくない。

 

僕がバイト就任時に「週3、6時間くらいで働きたいです」と言ったって、希望は通らないかもしれない。

もし希望が通らなくて週5で働けといわれたら、フリーターになった意味がないし

週1でお願いといわれたら生活費を稼げるのかが怪しくなる

 

実際シフトの希望は通るもんなんだろうか?と今のバイトを始めるまで思っていた。

 

目次

事前に言った希望と、決まったシフト

 

事前に言った希望 「週3がいい 月に7~9万くらい欲しい」

 

決まったシフト「金曜4時間、土曜8時間、日曜6時間労働」

 

だいぶ考慮してくれた感じがする。

一日6時間均一のほうがより良かったが、まあ土曜もしんどいというほどでもない。

 

ときどき店が忙しくなって、後1時間だけ延長して?とか言われることもあるけど、いうて6時間労働した後の1時間、2時間の労働はあまり苦にならないので、むしろ嬉しい。

 

週3日、一日6時間労働の感想

いやあ、想像してたより快適だった。

 

先月の勤務日数は12日だったけど、給料は94000円

延長で働いたのもあったが、延長なしでも8万円いくだろうから、月5万の生活費には十分事足りる。

なにより体の疲れや、精神的ダメージがあまりない状態で94000円もらえるのは素晴らしい。

 

最初の月は仕事を覚えるのがしんどいのではないかと思ったが、週3くらいだとちょうどいい感じに覚えられる。(週1だと覚えられないと弟は言っていたので)

 

働いている場所がいいのかもしれないが、仕事以外にしなきゃいけないことがないなら週3日はきつくない。

 卒論さえなくなれば、人生のなかで一番楽だといっていい。(無職が一番だが、現実的ではない)

 

まとめ

案外シフトの希望は通るもんだなと

週3 6時間ぐらいが給料的にも時間的にもちょうどいい

 

今のところ構想通りのライフスタイルが送れそうでホッとしている。