にーとの効率化

ずっと夏休み

【天鳳攻略】参考にする打ち手は誰にすべきか

天鳳の成績を上げたい。天鳳位の打ち方を参考にしたい」

そう思う人はこうも思っただろう

「でも誰を参考にすればいいんだ?」

本記事はその疑問に答える

目次

 

天鳳位の中で誰が一番強いんだ?

どうせ真似をするならより強い人の打ち方を真似したほうが強くなれるだろう。

そこで、12人いる天鳳位の中では誰が最強なのかという疑問が生じる

 

結論から言おう。トトリ先生19歳(ASAPIN)である。

 

4麻天鳳位は現段階で12人いるが、みんな同レベルというわけではない。

一定水準に達した強者ではあるが、その中でも強さの差がある。

 

そしてその強さが飛び出ているのが、トトリ先生19歳だ。

 

根拠は数字。

 

天鳳ランキング

 というサイトは、プレイヤー名を打ち込むと成績を表示してくれる。こんな感じ↓

 

f:id:lazyandshortest:20170922063844j:plain

 

 

んで、天鳳位全員の名前を打ちこんで、1位~4位率と安定段位をエクセルに入力して、比較できるようにしてみた。

 

f:id:lazyandshortest:20170922063932j:plain

 

強いといえる根拠は、安定段位である。

トトリ先生19歳とASAPIN(同じ人)は安定段位10段近く

他の天鳳位方は8.3段~9.3段あたり。

 

長期成績で、安定段位が1違えばもう別格といっていい。

 

とにかく強い人を参考にしたいというならトトリ先生19歳、ASAPINにすべきだろう

 

打ち方が自分に合っているか

ただ、僕はトトリ先生19歳を参考にしていない。

もう全然打ち方が違うからだ。

トトリ先生はとにかく鳴く。本当に鳴く。

1000点、2000点濃厚の4シャンテンからためらいなく仕掛けていく。

 

局収支的にはプラスなんだろうが、天鳳というルールでは軽い仕掛けは不利になりやすいと僕は思っている。

しかしそういう仕掛けを何度もする。

 

じゃあ、そういう1000点仕掛けを多用すれば、勝てるようになるんじゃないの?と思うかもしれない。

僕も一時期そう思ったので、トトリ先生19歳を信じて鳴きを多用したのだが、全然勝てなかった。100戦程度勝てなかったからといって、投げ出してはいけないかもしれないが、これで安定段位10近くをキープできるとは思えなかった。

 

これはトトリ先生19歳の打ち方が悪いのではなく、その打ち方が自分に合っていなかっただけだと考えられる。

 

僕の場合、参考にする打ち手は「トトリ先生19歳ほど成績は良くないけども、面前派で天鳳位になった人」だったということだ。

 

まとめ

軽い仕掛けと短くなった手牌でガンガンリスクを冒していける打ち方ができるなら、トトリ先生19歳を参考にするといい。

 

それが苦手だと感じるなら、スズメクレイジーさんを代表とする面前派の打ち手のなかから共感できる打ち手を参考にするといい。