猫を飼うのにかかる費用

3カ月前から子猫を飼い始めました

バイト先の人から飼えないか?といわれたので。

 

親に聞くと「飼いたい」とのこと。自分は一人暮らしになったら世話はしないと言う条件で飼うことにしました

 

ただ、猫を飼うということに関して、僕も親も全くの初心者。

 最初、猫の飼育にいくらかかるんだろうと思っていましたが3カ月が経過して飼育にかかる費用が分かってきたので、まとめておきます

 

 

目次

 

 

 

猫を飼うのに必要なもの

エサ⁽ドライフード⁾

猫砂

猫じゃらしやピンポン玉など、猫が追いかけて遊ぶもの

猫の爪とぎ場

猫の爪切り

猫キャリー

 

毎月かかる費用は1500円

 ドライフードと猫砂は毎月かかる。

 

ただ、そんなに良質なものを与えようとしなくていいんじゃないかと思う。

猫のキャットフードには健康を脅かす様々なものが入っている可能性も・・・・・・なんていうが、日本で製造されているもので質が著しく悪いものはほとんどない。

 

市販で売ってるので、キロ当たりの値段が安くてネコが好むもので十分。

 猫缶もおやつもいらない。栄養が偏る。美味しいのかもしれないが、保存が面倒だし高い。

 

猫の体にもよるが、大体一日に80gくらい食べる。

自分は1.2㎏で450円のキャットフードを与えているが、大体15日くらいで食べ終わるので、猫にかかる食費は月900円。

 

猫砂は8㎏ほどのやつが月に一回くらいなくなる。8㎏で500円。

 

毎月かかる費用は猫砂とエサくらいなものなので、900円+500円で1400円かかる

 

猫を飼う際に一時的にかかる費用

 

一時的にかかるもの

 

尿とかフンとかを回収するスコップ⁽100均⁾

猫じゃらしやピンポン玉など、猫が追いかけて遊ぶもの (100均で)

猫の爪とぎ場⁽Amazonで2000円⁾

猫の爪切り⁽Amazonで400円くらい⁾

猫キャリー⁽Amazonで2000円くらい⁾

 

猫の健康診断 (外から拾ってきた猫とかだと、ダニとか、ノミとかを除く必要があるので、ワクチン接種。初診料合わせて8000円くらい)

 

猫の去勢手術、避妊手術 (8000~2万円)

 

メスの避妊手術が2万円と高い。しかし室内飼いで、特に子供を産ませる予定がないのなら、発情してるのに全く相手がいなくて欲求不満にさせるのはさすがに双方ともにデメリットしかないので手術したほうがいい。

 

これらを合わせると、大体4万円くらいは一時的な費用として掛かる

 

 

 

 

 まとめ

月にかかる費用は1500円

一時的にかかる費用は4万円

 

飼うことで苦労したこと、しなかったことをその後書きました

 

lazyandshortest.hatenablog.com