にーとの効率化

ずっと夏休み

労働と家事の疲労差

 

労働ってのはなぜあんなにも疲れるのだろう。

どんなに楽に仕事をこなそうとしても、脳はフル覚醒 。気は常に張りっぱなし。

いつもは家でノロノロ動く人間なのに、仕事から帰ってから1時間くらいは無駄にきびきび動いてたりする。

 

大して、家でやる仕事ならどうだろうか。仕事といっても掃除や洗濯、買い物などの作業だが、こちらは労働ほど精神的にも肉体的にも疲れない。

なぜなら制約があまりないから。絶対掃除をしなきゃならないとかではなく、まあそろそろ掃除するかみたいな、気分によってやるかどうかを決められるのが大きい。

そして行動している間に緊張感など一切伴わない。

 

労働はどんなに慣れたとしても、自宅でのんびりしているのと同じように緊張感を0にすることはできない。

 

労働だけじゃなくて、小学校~高校のときの学校生活も近いものがあった。

労働や学校⁽特にクラス⁾が、なかったらどんなに人生は楽しいだろうと時々思う。

 

逆に言えば、フルタイムで40年勤めるって、そりゃ体も壊すし、鬱にもなるよと思う。

あんなに神経をすり減らす毎日をよく送れるなと

 

やっぱり労働は週3くらいがちょうどいいです