ニートが駄弁る部屋

人生が楽しすぎて申し訳ない

わがままのススメ


根がわがままな性格は才能だと思う。
これが欲しい、あれがやりたいと思えば、後回しにせず即実行。嫌なことには全部NOと言う
わがままな人は、周りからの評価が低くなりがちかもしれないが、自己満足度は最も高くなるだろう。
自分は周りからの評価なんてどうでもいいので、わがままな人がうらやましかった。

 

大抵の人は、やりたいことよりも、やらなければならないことを優先する。嫌なことも、我慢してやり遂げる。
自分の気持ちに素直になろうといっても、なかなか出来ない。

 

自分も含め、こういう人はもっとわがままになることを意識したほうが良いと思う。

具体的にはこんな感じでわがままになる

 

1自分の願望を書き出す
現実的かどうかは置いといて、自分の心の内にある願望を書き出す。やりたくないという負の願望でもいい

例:働きたくない   働かない生活

 

2達成方法を考える もしくは検索する
自分であっさり考え付けばよいが、そうでなければ片っ端から検索すると、あっさり答えが見つかることもある

例:働かないニートphaさんの本を読めば何かわかるかも とグーグル先生に言われる

 

3その分野について情報を仕入れる
知識を持つことは、自分の行動に自信を与えてくれる。こんなことしてもいいんだ!と思わせてくれる

検索までできれば、あとは勝手に調べてることも多い

働かない生き方について、自分は結構本を読んだり、リタイア日記を読んだりしたが、
その知識がなければ、自分は普通に就活して、2年くらいで会社を辞めてたと思う


4反対する人は、どうにか無視する
これが難しいという人もいるだろう。
説明したらわかってくれる人はいいのだが、絶対に反対だからな!という人には、説得は無駄だとあきらめたほうがいい

 

これらのステップを踏むと、だんだんわがままになれる。他人への迷惑を最小限にとどめつつ、自分の願望達成率を最大化できる。

これは余計なお世話かもしれないが、
自分の気持ちを押し殺している人や、強く主張できない人は、ちょっと焦ったほうが良いと思う。人生は本当に短い

これでいいのかな?と疑問に思ったら、すぐさま自分の気持ちを紙に書きだそう。そしてなにより検索。理論武装したら行動。すると人生が楽で、楽しいものになる