にーとの効率化

ずっと夏休み

ネコ進捗

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

こんな記事を半年前に書いた。

 

多分1歳くらいになったと思うのだが、ネコってどうなの?という記事をまた書いてみる

 

どうあがいても午前4時30分に元気になる

ネコは夜行性だから夜は大運動会に~みたいな話を聞くが、自分のところは夜というより早朝にいきなり覚醒する。

朝7時に覚醒してくれればいいのだが、4時半は早い。あーそーべーと鳴く。無視するとベットに飛び乗りノシノシ乗ってくる。最近重くなった体で乗られると痛い

 

そんな時間に毎朝起こされるのは、決まった時間に寝て起きて活動しなければならない人にとってはしんどいものだろうと思った。

会社員とかが猫を飼うのは無理ゲーなんじゃないか。

 

自分も最初は努力した。猫が朝遊んでほしいのはエネルギーが有り余ってるからなので、夜寝る前とカニ一生懸命遊んであげてくださいって書いてあるから、30分~1時間くらいがっつり遊んであげようとするのだが、ネコが遊びたいのは午前4時半からなのだ。午前1時とかはまだ気が向かないのだ。自分が猫の遊び道具を懸命に振りまくっても、ネコは視線をよこすだけで全く動いてくれない。無駄に時間が過ぎる。2日続けて、あ、ダメだこりゃとあきらめた

 

ネコを人間の生活リズムに合わせてもらうなんて無理だった。人間が合わせるべきなのだ。というわけで、頑張って4時くらいに起きて覚醒とともに遊んでやることにした。

 

ちょっと道具を振ってやるだけで猛ダッシュ。やる気って大事。自分は眠いが。遊んで遊んで攻撃は子猫の時だけだと聞いたような気がしたのだが、一歳ってもう大人じゃなかっただろうか?一向に収まる気配がない。

 

以前ニートやリタイア組は猫を飼うといいのではと書いたが、生活リズムを変えなければならないという覚悟を持つ必要があるから、その辺注意が必要だ。

 

鳴き声は大きくなる

飼っていた当初はささやき女将みたいな鳴き声だったのだが、今はものすごく鳴く。

ニャンだけじゃなく、グニュアーン!みたいな声も出す。猫好きでないとうざいと感じるだろう。

最初飼っていた時は遠慮していただけのようだ。お客さんが家に来ると、すげえ静かになるのに、帰った瞬間遊べとせがむ。典型的な内弁慶。だからペットショップとかで、あんまり鳴かないから大丈夫かもと思って飼わないほうがいい。

 

 

まとめ

まあ前回と大して変わってはいないのだが、生活リズムの変更を強いられるのは結構つらいので、書いておこうかなと。しかし猫一匹で大変だと感じるんだから、散歩必須の犬は大変だろうな