にーとの効率化

ずっと夏休み

DORA麻雀が稼げるってのはウソって話

※なんか対話形式でブログ書きたくなったので、これからの記事は対話記事になります。

 

目次

 

ニート「博士~」

 

博士 「なんだねニート君」


ニート「DORA麻雀で勝てないんだよ~」


博士 「働きたまえ」


ニート「ひどくない!?」

 

 

弱い人がいるから稼げる

博士「むしろなんで稼げると思ったんだい?

 

ニート「そ、そりゃ!僕は天鳳9段だし・・・」

 

博士「4麻の9段だよね?DORA麻雀は3麻が主流だから、4麻じゃ通用しないんじゃない?」

 

ニート「で、でもDORA麻雀のブログだと、DORA麻雀の低レートは弱い人が多いって言ってたんだ!」

 

博士「うん。自分より麻雀が弱い人がいるから、稼げる。これは正しい。  でも、ブログの言ってることは本当なのかな?」

 

ニート「えっ・・・?」

 

アフィリエイトブログを信じるな!

ニート「博士は、DORA麻雀のブログ主が嘘を言ってるというのかい!」

 

博士「断言はできないが、本当のことを言ってる可能性は低い。」

 

ニート「なんで?」

 

博士「理由は二つ。

一つは、あなたも稼げます!弱い人がいるから!とのことだが、そもそもそんなに弱い人は多いのかな?

まずDORA麻雀って始めるまでのハードルが高いよね。
始める前にブログとかで情報仕入れて、個人情報入れて、入金して、そっからようやく打てるんだ。」

 

ニート「うん」

 

博士「無料のネット麻雀とは明らかにハードルが高いせいで、ちょっと麻雀やったことあるけど~みたいな人が気軽に入り込めるようにはなってないんだよね

公式では賭けたい人が集まるネット麻雀なんて言ってるけど、やっぱり賭けたいって思う人は自分の腕に自信がある人たちが多いと思うよ」

 

ニート「うーん。でもレベルが高いかどうかは博士の個人的な感覚なんじゃない?」

 

博士「よし、じゃあ今度は数字で示してみよう
まずDORA麻雀のユーザー数が少ない
DORA麻雀の接続人数は、平日で70人 休日夜で150人程度

 

f:id:lazyandshortest:20180708160522j:plain

:DORA麻雀ロビーより抜粋  日曜16時時点

 

博士「一方で天鳳3麻の鳳凰卓アカウント(7段以上)は、1000人ほど。」 

f:id:lazyandshortest:20180708160719j:plain

オンライン対戦麻雀 天鳳 / ランキング  から抜粋


博士「天鳳3麻とDORA麻雀のルールはほぼ同じだから、天鳳3麻で高段位の人はDORA麻雀も打っていてもおかしくはない。
仮に鳳凰民の10人に1人がDORA麻雀を打ってると仮定しても、それだけで100人の鳳凰民が打っていることになる。平日ならDORA麻雀プレイヤーの100%、休日夜でも66%が鳳凰民でもおかしくない。 この状況は、レベルが低いといえるかな?」

 

ニート「うっ」

 

博士「ブログを信じてはいけない理由2つ目として、DORA麻雀ブログの多くはDORA麻雀の新規ユーザーをターゲットにしているアフィリエイトサイトだということ」

 

ニート「?どういうこと?」

 

博士「アフィリエイト報酬は、そのサイトから登録してくれた人が払った場所代の33%が報酬として支払われる」

 

ニート「33%!?」

 

博士「ニート君が払った場所代は何$だったかな?」

 

ニート「・・・2264$。」

f:id:lazyandshortest:20180708161023j:plain

ニートのアカウント明細(プレイヤーポイントが支払った場所代とほぼ同じ)

 

博士「もしニート君が誰かのアフィリエイトサイトを通じて登録したなら、そのブログ主には700ドル以上もの報酬が支払われることになる」

 

ニート「そんな!全く打ってないのに、700$も!ものすごく儲かるじゃないか!ずるい!」

 

博士「そう、DORA麻雀のブログ主は、新規ユーザーをいかに自分のブログから登録させるかが大事なんだ。
そんなブログ主がわざわざ、DORA麻雀は稼げないよなんて言うかな?」

 

 ニート「うぅ僕はまんまと騙されたわけか」


そもそも稼ぐために必要な成績は?


博士「まあレベルが上がっていない、上がってるという抽象的な話ばっかりしていても仕方ないし、もうすこし具体的な話をしようか。」

 

ニート「うん」

 

博士「DORA麻雀で一番多く卓がたつのは、8-16$卓だけども、その卓で平均順位1.94だったら、1000戦で何$のプラスになるでしょうか?(場所代考慮済み 1位+10$ 2位0$ 3位ー11$とする)」

 

ニート「そんなのわかるわけないじゃないか!」

 

博士「ざっくりでいいよ。」

 

ニート「ええと、平均順位1.94ってことは、勝ち組だな。一試合あたり1$くらいプラスとしたら、1000試合で1000ドルの勝ち!  どう?」


博士「300$のプラスです。」

 

ニート「 300$かあ・・・ あれ、1000戦打って300$? 大体1時間に6戦くらい打てるとしても、150時間くらいかかるよね」

 

博士「そうだね」

 

ニート「毎日5時間打ち続けて、結構いい成績なのに、月に300ドルって少なくない?」

 

博士「結局場所代が大きいんだよ。8-16$卓で1000戦も打てば、払う場所代は約333$ 場所代無しなら633$勝ってるからね。 」

 

ニート「で、でもDORA麻雀のブログでは、DORA麻雀はフリー雀荘に比べて場所代が格安だから稼ぎやすいって」


博士「格安なのは間違いないだろうけど、稼げるかどうかは上記の計算結果をみて判断しよう。

平均順位1.94を1000戦、2000戦単位で出してようやく300~600$だ。

そもそも、300ドルも勝ってるのに贅沢な話だと思うけどね。自分が場所代込みで300$勝ってるということは、誰かが場所代込みで633$負けてるということなのだから」


ニート「うーん。でもさ博士。平均順位1.94って1位率36% 2位率34%  3位率30%だよね?
8-16$卓で、1位率40% 2位率38% 3位率22%  平均順位1.82   とかの成績を出せれば、1000試合で1580ドルも稼げるよ!?これならどう?」

 

博士「まず平均順位1.82が無理な話だ。」

 

ニート「なんでさ!僕だって3麻をこれから勉強すればトップ率40%くらい・・・」

 

博士「3麻天鳳位であるあさぴん@mjさんの鳳凰卓での平均順位が、1.94なんだ」

 

ニート「えっ。天鳳位でも?」

 

f:id:lazyandshortest:20180708161517j:plain

オンライン麻雀天鳳 牌譜解析スクリプトより抜粋

 

博士「そうだ。そもそもなかなか到達できない天鳳位だが、あさぴん@mjさんは鳳凰卓で2415回打って平均順位1.941。
もちろん天鳳位にも平均1.90とか人もいるが、試合数が1000試合以下だったりと、試行回数が少ない人も多いから、実際には平均順位1.94くらいが現実的なところだと思う」

 

ニート「で、でも8-16$卓は鳳凰卓ほどのレベルかなあ?」
博士「さっき説明した通り、3麻鳳凰民は1000人いるのに対し、DORA麻雀の接続ユーザーは多くて150人。
8-16$卓が最もよく立ってるから、たぶんDORA麻雀の平均的なレベルは8-16$くらいだと思う。それなら、8-16$卓あたりに3麻鳳凰民が多くいても不思議ではない

まあ仮にちょっと鳳凰卓よりレベルが下がったとしても、天鳳位でもないニート君が、8-16$卓で平均順位1.94よりいい成績を長期的に叩くのは難しいだろう。」


ニート「じゃあ、そもそもDORA麻雀で稼げる成績を叩けるかわからない上に、もしDORA麻雀で上手くいっても、1000試合で300$くらいのプラスってこと?」

 

博士「そうなる。」


打数がこなせない 

ニート「分かったよ博士!。つまり打数をこなせばいいんだね! 僕は月に600$でもいいから稼ぎたいんだ。毎月2000試合打つよ!

 

博士「・・・まあやってみればいいんじゃないかな?」

 

1か月目  

ニート「やったよ博士!800$のプラスだ!麻雀楽しい!労働なんて馬鹿らしくなるね!」


2か月目  

ニート「300$のプラスだった。ま、まあこういうときもあるよね。ちょっと2000戦こなすのはしんどかったなあ」


3か月目  

ニート「マイナス200$ 最近麻雀楽しくない・・・」

 

4か月目   

「・・・・・・」

 

博士「おや、ニートくん。最近DORA麻雀やってないみたいだけど、どうしたの?」


ニート「聞いてよ博士!最近やってもやっても勝てないんだ!  もう今月も初日から100ドルのマイナスだし、全然やる気が起きないよ」


博士「でも2000戦は打たないと、平均600$のプラスにはならないよ?  まだ今月は50戦しか打ってないじゃないか?」

 

ニート「だって、2000戦も打つのがしんどいんだ!  一日66戦打つんだ。1時間あたり6戦打つとして、一日11時間もDORA麻雀を打たないといけない。」


博士「1か月目は楽しいって言ってたじゃないか。」

 

ニート「最初は楽しかったけど、やっぱり飽きた! 
それに周りのレベルも上がってきた気がするし、僕が勝ってるからって、運営が牌操作とかやりだしたんだ!
じゃなきゃ一か月目にこんだけ勝った僕が毎試合負けるなんてあるものか!」

 

博士「まあ、つまり負けが込んでくると、打数はこなしにくくなるし、そもそも一日11時間も打つと飽きてくるんだね?」

 

ニート「それに、回線切れだってここ最近酷いんだ!DORA麻雀の運営にメールを送れば大体補償はしてくれるけど、さすがに一日に5回も回線切れによるメールを送るのは忍びなかったよ!」

 

博士「いや、さすがに打つのやめろよ」

 

ニート「はあ、せっかくDORA麻雀で生活できるかもしれないと思ってニートになったのに・・・」

 

博士「まあ単純に打数をこなせばいいというわけでないのはよくわかっただろう?
予測できない事態もあるんだ。今回でいれば回線切れだったり、将来の自分のモチベーションだったりだ。

もしかしたら今後、DORA麻雀が規制されるかもしれない。アメリカではだいぶ前からオンラインポーカーが規制されたんだ。日本だってカジノが出来ればオンラインは規制されるかもしれない
そもそも新規ユーザーが少なくなって、全然勝てなくなるかもしれない。

だからDORA麻雀打ちなんて目指すもんじゃない! あくまで副業感覚でやるべきだ。働け。さあ働け!」

 

ニート「博士のあたりがキツイ件について」

 

博士「30歳ひきこもりニートのほうがよっぽどキツいと思うけどね」


トーナメントは稼げない?

ニート「そうだ。博士!トーナメントで稼ぐってのはどう?トーナメントならサンマと違って場所代はかからないし」

 

博士「自分で計算しな」

 

ニート「酷い!僕は文系なんだよ!?」

 

博士「文系文系って、最近の若者は・・・  ほら、これが各種トーナメントの参加費と賞金と、期待値(賞金÷人数ー参加費)だ」

 

優勝者総取りトーナメント  

参加費7$  平均参加人数20人 賞金220$  期待値 4$


槓子戦          

参加費20$  平均参加人数12人 賞金333$  期待値 7.75$


イースーチー杯        

参加費14.7$ 平均参加人数20人 賞金427$  期待値 6.65$


真似萬           

参加費2$  平均参加人数28人 賞金119$  期待値 2.25$


月間オンリートーナメント (2018年7月から無くなっている)  

参加費0$  平均参加人数120人 賞金200$  期待値 1.6$  

無料トーナメント       

参加費0$  平均参加人数60人 賞金 12.5$  期待値 0.2$


優勝者総取りトーナメントは週に1回
槓子戦と、イースーチー杯は2週に一回
真似萬と月間オンリートーナメントは1か月に一回
無料トーナメントは、週に5回」

 

博士「全部に出たとして、月の賞金期待値はというと・・・  合計52.65$


ニート「52$かあ・・・」

 

博士「月5000円で生活できるならおすすめだ。」

 

ニート「ネット代払ったら消えちゃうよ!」


出金手数料で60$持ってかれる


博士「そういえば、ニートは出金手数料について考えたことはあるのか?」

 

ニート「えっ手数料なんて、ヴィーナスポイントを使えば激安だってブログに書いてあったよ!


たしか、ビーナスポイントの出金手数料は、900ドルの出金につき1.8$  0.2%!めっちゃ安いじゃん。考える必要もないよ」

 

博士「そう、ビーナスポイントへの手数料は確かに安い。が、為替手数料は?」

 

ニート「えっ?」

 

博士「ドルから円に換えて、銀行に送金されるわけだから、為替手数料が当然かかる。
これは私の体験談だが、DORA麻雀からビーナスポイント経由で1800$出金したら、当時のレートでは、1800$は198000円だったのに、
実際に送金されたのは192000円だった。
厳密な%はわからないが、2.7%くらいはかかると思っていい。」


ニート「ええっ6000円も手数料で引かれるの!?  3麻で200戦くらい打ってようやくためた6000円が手数料で消えるのか・・・」

 

博士「そうだ。だから稼げないぞ。DORA麻雀は。」

 

ニート「というか1800ドル出金って?博士DORA麻雀で稼いでるの!?」

 

博士「・・・・・・まあ、まとめるとだな。手数料で結構引かれるから、思ったより稼げないよってことだ」

 

ニート「いや、でも1800ドル」

 

博士「働け」

 

ニート「雑じゃない!?」


実際の結果

ニート「実際博士はどの程度稼いでるのさ」

 

博士「実際にDORA麻雀で5000戦以上打ち続けた結果が、この記事に書いてある」

 

lazyandshortest.hatenablog.com

 

博士「内容をまとめると、3麻の時給は100円くらい
トーナメントは有料トーナメントなら時給効率的にはいいが、数が少ないので収支は小さい」

 

ニート「時給100円!?、やっぱ3麻って稼げないんだなあ」

 

博士「もっと腕を磨いて高レートでも平均順位1.94を出せるなら時給も良くなるだろうが、まあ稼げないと判断せざるを得ないだろう
調子に乗って高レートに挑むと、3か月かけて貯めた資金が、5戦で空になることもある」

 

ニート「うええ・・・わかったよ博士。もう僕、DORA麻雀はあきらめるよ」

 

博士「お!そうかやっと働く気になってくれたか」

 

ニート「今度はポーカーに挑戦してみようと思うんだ!」

 

博士「・・・・・・」

 

ニート「ポーカーなら外国人のフィッシュが多くて稼げるんだって、ポーカーのブログに書いてあったんだよ!
確かに外国の人たちって感情的になって、頭の悪そうなプレイをしそうだよね。テレビでやってる衝撃映像とかも大体外国だし!
これなら僕だってできるかも!」

 

博士「なるほど、カモやフィッシュはこうやって生まれるのか」