DORA麻雀の出金手段はHi-banqで決まり!ヴィーナスポイントと比較してみた

DORA麻雀勝ち組プレイヤーなら誰もが頭を抱える「出金手数料」
できることなら節約したい。勝ち額を出金したいだけなのになぜ何千円と支払わなければならないのか

そんな悩める勝ち組プレイヤーに朗報だ。Hi-banqは素晴らしく手数料が安い
出金手数料が激安といわれるビーナスポイントよりもさらに安い

従来はヴィーナスポイント一択だという意見が多かったが、2018年7月現在は、間違いなくHi-banqが1番よい

 

目次


細かいことはいいから、結局いくらかかるんだ?

 

出金手数料の比較

Hi-banq    

銀行への振込手数料のみ

 

ヴィーナスポイント  

900ドルにつき、1.8ドルの手数料

 

 Hi-banqのHPを見てもらえればわかるが、Hi-banqの出金手数料はいくらなのか全く分からない。
これについてメールで質問してみたが、銀行への振込手数料はかかるとのことだった。
しかしこれではHi-banqがどうやって利益を上げているのか全く分からない。
わからないが、これ以上追求するのも面倒なので、とりあえず出金してみて比較することにした


実際に引かれた金額

Hi-banq
1000ドル出金申請(当時レートで111000円相当) 振り込まれた金額110200円 
実際にひかれた金額→約800円!!!!!

 

ヴィーナスポイント
1800ドル出金申請(当時レートで198000円) 振り込まれた金額192000円
実際にひかれた金額→約6000円


明らかにHi-banqが安いのが分かるだろうか?
仮にヴィーナスポイントの出金金額を半分の900ドルにして、公平に比較しても
Hi-banqのほうが2200円も安い

 

なぜここまでの差がつくのか?を解説する。

 

まず、上記の結果を見て疑問に思った方もいるのではないだろうか?
「ヴィーナスポイントが高すぎる。」と

900ドルの出金につき、1.8ドルの出金手数料だ。1800ドル出金したとしても、出金手数料は400円くらいなんじゃないのか?なんで6000円も引かれてるんだ?


自分もそう思って、ヴィーナスポイントにメールした。
返答内容は、以下のようなものだった。

 

「ヴィーナスポイントがドルを円に変換するときのレートは、為替相場ドル円のレートとは違う。
大手銀行が採用している、ドルを円に換えるレートで、換金している。」


このドルを円で買いとるレートというものが、CASH.Bというものらしいのだが、このレートが、実際の為替レートよりだいぶ安く設定されている。

 

f:id:lazyandshortest:20180710223716j:plain

 

外国為替相場一覧表:三菱UFJ銀行

から抜粋  

 

上の表の一番右の値がヴィーナスポイントで取引されるレートになる(2018年7月10日の場合)

ちなみに7月10日のドル円は1ドル=約111円なので、おおよそ1ドルあたり3円も違う

 1000ドルなら3000円の違いだ

このレートに合わせて換金しているため、実際の価値より安くなってしまうとのこと


しかしこの方法はどの決済サービスも同じというわけではないらしく、Hi-banqは現在のドル円の相場通りに換金し、銀行に送金してくれた。

そのため、このような差が生まれたのだと考えられる

 

Hi-banqのレビュー

Hi-banqがどれだけすごいのかは伝わったと思うので、細かいレビューをしていこう

出金スピードについて

両者ともあまり変わらない。ヴィーナスポイントは出金トラブルがあるので遅くなるかもしれないとDORA麻雀運営はお知らせしていたが、自分の場合は問題なく出金できた。2日くらい

Hi-banqも2日くらいの予定だったが、3日かかった。2日たっても銀行に送金されないから、現状はどうなってます?ってメールを送ったら、遅くなってすいませんとメール来て送金された。まあ、遅れてるなーと思ったらメールしておけば対応してくれるだろう


出金方法について

Hi-banqの方が楽

 

ヴィーナスポイントは
DORA出金画面で、希望の金額とヴィーナスの会員IDを入力→ちょっと待つ→ヴィーナスポイントのサイトにいき、ログイン→換金の部分を押す→口座情報入力→メールが来る→2日後送金されてる

というプロセスだが、

 

Hi-banqの場合、
DORA麻雀の出金画面に希望の金額を数字で入力→口座情報を入力→連絡メールが来る→2日後あたりには送金されてる

と、だいぶ手続きが簡略化されている。  特にDORA麻雀の出金画面ですべてが完結するのは素晴らしい。あっけなさすぎて自分はちょっと不安になったがw


審査について

両者とも個人情報と住所を証明する書類のアップロードが必要になる

ただ、Hi-banqは書類をアップロードしてからいつまでたっても審査中のままだったりするので、どうなってるんだメールを送ると、すぐさま返信がきて、利用できるようになる(ただし、Hi-banqのHPに行って確認すると、まだ審査中だったりする。出金はできる)

まとめ


Hi-banqは手続きだったり、出金過程だったりでやる気があるのか不安なところはあるものの、メールを送ればすぐさま返信が来て対応してくれるので、そこまで気にはならない

そして出金手数料は激安。もうHi-banq以外考えられない。まだまだ情報が少なくて利用するか迷っている方もいるだろうが、本記事が参考になれば幸いである