天鳳攻略におすすめの戦術本をレベル別に紹介する

 タイトルのまんま

  天鳳で使える戦術本をプレイヤーのレベル別に紹介する

 

目次

 

一般卓~上級卓の人向け

特上卓に上がるために必要な技術は牌効率と簡易的な押し引き、あとは単純な鳴き

 

牌効率に関しては、残念ながらこのレベル向けのおすすめ戦術書を持っていない。

自分が特上卓に登れたときは、小倉考のデジタル麻雀を読んでいたのだが、現在はそれよりももっと良質な戦術書があるので・・・

読んだことはないが、福地誠の基本形80とかはいいと思う

 

現代麻雀 押し引きの教科書 著 福地誠

 

押し引きに関しては、この本がいいだろう

この本には、意図的に河を隠している問題がある。

つまり、相手の河や状況によらない押し引きの基準が身につく。

 

また、押し引きと牌効率のほかに重要な先制リーチ判断も、この本で身につく。

 

特上卓で勝ちたい人向け

勝つための現代麻雀技術論 著 ネマタ

コスパナンバーワンの戦術本ならこれ。

中級者が覚えるべき牌効率、鳴き、押し引きを広くまとめてある。

 

ただ、読みづらさもナンバーワン

 

ちなみに実践編はお勧めしない。内容がほとんど一緒なので

 

魔人の読み 著 渋川難破

どこを見るべきかというと、「鳴き」の章。

ネマタ本は鳴きについては多くを語っていないが、魔人の読みは鳴きに関してかなり的を射た記述をしている。

なんでもかんでも鳴けばいいってもんじゃない。鳴かない例外はどこにあるのかということがわかる

 

鳳凰卓で勝てない人向け

絶対にラスを引かない麻雀 ラス回避35の技術 著 平澤元気

ネマタ本では扱ってなかったが大事なセオリーについて豊富に書かれている。

タイトルは詐欺だが。良書。

 

黒いデジタル麻雀 著 石橋伸洋

内容はかなり難解なので買えとは言わない。

168pの「東場はじっくり」だけ見たほうがいい。

えっ!上級者はスピード重視じゃないの!?って驚く。意識が変わる。これだけで十分。

 

超精緻麻雀 著 ASAPIN

特に読むべきは鳴きの章。

次に、序盤に安全牌を抱えるかという部分。

 

 

ウザク本シリーズ

牌効率に自信がない人向け。ただ、何切るの正解が重要なのではなく、「打点とスピードのバランスの取り方」が学べる点で重要。

 

 

鳳凰卓で安定段位8段から、10段、天鳳位を目指す方へ

もう戦術本とか言ってられない。何をすれば10段、天鳳位になれるのかを考えるべきだ。

そして僕は、天鳳位になる方法論としてもっとも現実的なのはダブル天鳳位のASAPINさん⁽トトリ先生19歳⁾の牌譜を見て学ぶことだと考えている。

 

でも牌譜を見るのはだるいって? そこでおすすめのサイトがある。

 

totori-teacher-nineteen.hatenadiary.jp

 

私が書いているもう一つのブログを紹介するというオチでした。

 

まとめ

レベル別に紹介したけど、戦術本は結構いいお値段する。

とりあえず現代麻雀技術論を一冊持って置いて、後は、自分の目指す強者の牌譜を見て学ぶのが一番コストがかからなくて最短なんじゃないかと思う。