卒論終わり

口頭試問が終わって、晴れて卒論から解放された。

長かった。自分でもなんでこんなことやってるんだろうと愚痴りながらの卒論制作だった。

人生の方向性はいくらでも自分で変えていくのが自分の基本方針なのに、

大学を退学するか、あと数ヶ月だし頑張って卒論書くかについては、結局悩みながらずるずる卒業まで来てしまった

 

ああ、でもこれで自分を縛るものはほとんどなくなった。

学生という肩書きもない。ただの無職になった